マイク・トラウト、母校の新キャプテンにユニフォームを手渡し

ロサンゼルス・エンゼルスのマイク・トラウト選手は、現役最高のメジャーリーガーと目されている。その才能は高校時代から飛び抜けていた。

高校ではニュージャージー州のシーズンホームラン記録を塗り替え、当時の寸評には「これまでにグラウンドで見た最高の選手だ。とてつもないスピードとパワーがある」と書かれている。

所属していたミルビル高校は、トラウト選手が着用していた背番号1を永久欠番にしようとしたが、トラウト選手は歴代の主将に引き継いでもらうことを望んだ

今年もトラウト選手は母校を訪れて新主将にユニフォームを手渡している

 

この投稿をInstagramで見る

 

All yours!!! #TEAMCAPTAINS

Mike Trout(@miketrout)がシェアした投稿 –

米国スポーツ史上最高額の契約も「お買い得」

昨シーズンのトラウト選手は打率.291、45本塁打、104打点で打線を牽引。エンゼルスとは2020年まで契約を残していたが、フリーエージェント(FA)を待たず2019年3月に新たな契約を結んでいる。

その金額は残っていた2年間の契約に10年分を上乗せした、12年総額4億2650万ドル(約468億円)で米国スポーツ史上最高額を更新するものだったが、それでも現地メディアはFAによるマネーゲームを回避できたことに「お買い得」の評価を与えた。

(c)Getty Images

≪関連記事≫

ムーキー・ベッツのトレードがサッカー界にも波及? 同一オーナーのリヴァプールはどうなる

前田健太も絡んだ三角トレード 米国メディアが勝ち組と負け組をバッサリ

アレックス・ロドリゲス、婚約者ジェニファー・ロペスのハーフタイムショーに大喜び「君を誇りに思うよ」

平野佳寿がマリナーズに移籍 「チームの力になれるように」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします