佐々木朗希、種市篤暉から「ネクタイの締め方」指導で自信満々

千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手が先輩からの指導を受けた。2月27日にロッテが公式インスタグラムを更新し、種市篤暉投手とのツーショットを公開。そこには特訓の成果を自信満々に見せる佐々木投手の姿があった。

佐々木投手は昨秋のドラフトで1位指名を受けて入団。大船渡高校時代は、高校生ながらスピードガンで163キロを計測。プロ入り前から『令和の怪物』と騒がれた。

種市篤暉がネクタイの締め方を指導

その潜在能力がプロの世界で開花するか注目だが、社会人として佐々木投手には野球以外にも覚えることがあった。ネクタイの締め方である。プロ野球選手としてスーツ着用の機会が増える前に、種市投手から締め方を教えてもらったようだ

ロッテは「種市センパイにネクタイの締め方を教えてもらい、『どうですか!』と自信満々の佐々木朗希投手」と写真を掲載。

佐々木投手は両手を腰に当て、上手く締められたネクタイを誇示するかの如く胸を張る。種市投手も教え子の出来に満足の表情だ。

佐々木投手の初々しい姿は「ネクタイの締め方教わるとか可愛いすぎる」「えっへんアピールかわいい」「えっへんろうきが可愛すぎ」とファンにも好評だ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

種市センパイにネクタイの締め方を教えてもらい、「どうですか!」と自信満々の佐々木朗希投手。#chibalotte

千葉ロッテマリーンズ(@chibalotte_official)がシェアした投稿 –

≪関連記事≫

上原浩治、“選手としてではなく迎えるシーズン”を語る とにかく野球を「見てほしい」

ヤクルト・高津臣吾新監督を支えるヘッドコーチ 宮出隆自が任された大役

ソフトバンク・和田毅が世界の子どもたちにワクチンを寄付 「子どもたちのために投げ続けたい」

佐々木誠、中村良二らセンバツ出場のプロ野球OB監督 高校野球で勝てる監督の条件

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします