パ・リーグ6球団の監督が新シーズンへの思いを語る 3月15日、NHKサンデースポーツで放送

3月15日放送のNHK『サンデースポーツ』でプロ野球パ・リーグ監督座談会が放送される。

8日のセ・リーグ監督編に続き「パ・リーグ監督座談会 テレビ会議で熱く語り合います!」と題し、各チームの監督新シーズンに懸ける思いや展望を語り合う。

DH制導入の賛否、優勝へのキーマンで意見を交わしたセ・リーグ編

セ・リーグ編の冒頭では、経験豊富な原辰徳監督(読売ジャイアンツ)から、1年目の高津臣吾監督(東京ヤクルトスワローズ)、佐々岡真司監督(広島カープに)に「いまはいいことばかり考えてると思いますが、いいことばかりはないから」と監督生活のアドバイスがあった。

監督間の質問コーナーでは原監督が、全監督に「セ・リーグDH(指名打者)制導入の賛否」を聞いた。

以前からパ・リーグとの対戦でセ・リーグは分が悪く、その原因にはDH制の有無もあると主張してきた原監督。今回もDH制の導入を熱くプレゼンする。

各チームの監督が優勝へのキーマンを挙げるコーナーでは、王座奪還を目指す広島の佐々岡監督が西川龍馬選手を指名。

「4番は鈴木誠也に決めていますけど、マークされることが多くなると思いますし、その前後で西川を出したい」

昨シーズン打率.297、16本塁打だったが「今年はさらにレベルアップしてる」と期待する佐々岡監督は、西川選手なら「3割、20本以上」を狙えると語った。

現役時代の思い出話も交えながら和やかに話を進めつつ、それぞれの本音も見えた監督座談会。今年が初めての開催となるパ・リーグ編では、果たしてどのような話題が飛び出すか。

放送は3月15日(日) 21時50分~。

≪関連記事≫

甲斐拓也が「育成選手」を語る 里崎智也のyoutubeチャンネルに登場

鈴木誠也、サビエル・バティスタの契約解除に寂しさ 「また日本来たら飯いこーなー」

デニス・サファテが復帰登板 348日ぶりのマウンドは「大きな最初の一歩」

ロッテ・佐々木朗希が卒業式に出席「地元に明るい話題を提供出来る様に頑張りたい」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします