奥原希望、陳雨菲に敗れるも「手応え」 コロナによる延期には「自分が出来ることを全う」

3月14日にバドミントンの全英オープンで女子シングルス準決勝が行われ、奥原希望選手が陳雨菲選手(中国)と対戦し14-21、21-23で敗れた。

陳雨菲選手は昨年の覇者で世界ランク1位の強敵。果敢に挑んだ奥原選手だったが、序盤から主導権を握られ苦しい展開が続く。「イメージと違った」という配球に手を焼き14-21で第1ゲームを落とす。

第2ゲームは陳雨菲選手の攻撃に対して粘り強く応戦。食らいついたが最後は振り切られストレート負けを喫した

敗戦も手応え 自分ができることに集中

4年ぶりの優勝を逃し、2年連続ベスト4に終わった試合後、奥原選手はインスタグラムを更新した。

「結果は去年と同じ、チェンユーフェイ選手にストレート負け。しかし、やってきたことが出せた場面もあり、手応えは掴めました。進むべき道もようやくはっきりし始めています」

世界バドミントン連盟(BWF)は、新型コロナウイルスの感染拡大により、全英オープン後約1ヶ月間は予定していた大会を延期する

先行き不透明な状況にも奥原選手は「次の試合がいつかわからない状況ですが、世の中の流れは逆らえないので、それに順じて自分が出来ることを全うします!」と落ち着いて次に向けた準備を進める。

 

この投稿をInstagramで見る

 

. . Ended All England 2020. The result is same last year. But not same everything. We don’t know next tournament. I’ll go back my county and have training harder. Thank you my fans. I heard a lot of cheering. . . 結果は去年と同じ、チェンユーフェイ選手にストレート負け。しかし、やってきたことが出せた場面もあり、手応えは掴めました。進むべき道もようやくはっきりし始めています。次の試合がいつかわからない状況ですが、世の中の流れは逆らえないので、それに順じて自分が出来ることを全うします!今大会会場で多くの声援が聞こえました。ファンの皆さん、温かい応援ありがとうございました💗50日の遠征でしたが火曜日帰国します! . . #allengland2020 #badminton #nozomiokuhara #okuharanozomi #バドミントンが出来る幸せ #感謝

okuharanozomi(@okuharanozomi)がシェアした投稿 –

≪関連記事≫

福島由紀 廣田彩花ペアが髙橋礼華 松友美佐紀ペアに勝利 五輪代表に近づく

奥原希望がバースデー勝利「良い25歳の始まりでした!」 東京五輪も確実に

東野有紗とナガマツペアが北海道に凱旋 世界選手権の祝賀会

奥原希望、決勝トーナメント進出を報告「試合をするごとに自信がついている」 4年ぶり2度目のファイナル優勝を目指す

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします