クリスティアーノ・ロナウド、自身が持つホテルを病院として提供 「人命を守ることが最優先」

ユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウド選手が、自身の所有するホテル病院として提供する考えだと報じられた。スペイン紙『マルカ』などが伝えている。

新型コロナウイルスの感染拡大により、欧州の主要サッカーリーグも試合の延期が決定。ロナウド選手がプレーするイタリア・セリエAでは、選手の間でも陽性と診断されるケースが増えている。

WHOがパンデミックを宣言したコロナウイルスとの戦いに備えるため、ロナウドはポルトガルに所有する「CR7ホテル」を無償で提供する。

人命を守ることは何よりも優先される

『マルカ』の報道に先駆け、ロナウド選手は14日にインスタグラムを更新し、新型コロナウイルスの世界的流行に警鐘を鳴らしていた。

「今日はサッカー選手としてではなく息子、父親、人間として皆さんにお話します。現在の状況に対処するためには、WHOや政府機関の助言に従うことが重要です。

人命を守ることは他のどのようなことよりも優先されます。身近な人を亡くした方に哀悼の意を表します。私のチームメイトであるダニエレ・ルガーニのように、ウイルスと戦っている人々に連帯を、そして命を懸けて人々のために戦っている医療従事者たちを引き続き支援したいと思います」

※2020年3月16日13:30追記
3月14日、スペイン紙「マルカ」が「クリスティアーノ・ロナウド選手が自身の所有するホテルを病院として提供する考え」と報じたが、その後イタリアメディア「Sportmediaset」はこの報道を「フェイクニュースである」と否定。現在は「マルカ」も当該記事を削除している。なお、ロナウド選手からのコメントはまだ出ていない。

≪関連記事≫

冨安健洋、本田圭佑、乾貴士らが“一人でも室内でも”取り組めるゲームや練習を公開「#いまスポーツにできること」

クリスティアーノ・ロナウド、無観客試合も“エア・ハイタッチ” 自身は公式戦通算1000試合出場を達成

中田英寿、輸出困難な銘柄「ヨーグルト酒」の魅力を発信 「キットカットミニヨーグルト酒」をプロデュース

ユルゲン・クロップ、新型コロナウイルスの質問を受け 「聞くべきは専門家の言葉」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします