久保建英が手洗いのしかたをレクチャー「一緒に乗り越えていきましょう」

日本サッカー協会が3月16日にインスタグラムを更新した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今回はマジョルカ所属の久保建英選手が正しい手洗いの仕方を教える動画がアップされた。

SportsAssistYou ~いま、スポーツにできること~」と題された投稿で久保選手は、全国のサッカー少年少女に向け実際に手を洗いながら説明する。

  1. まずは水道で手を洗い流す
  2. 石鹸を手につけ、手の平手の甲指の間を擦り合わせる
  3. 親指、汚れの落ちにくい爪の間などを重点的に洗う
  4. 手だけではなく手首も洗う

スペインリーグも新型コロナで中断

久保選手もプレーするスペイン1部リーグは、新型コロナウイルス感染拡大を受けて第28節、第29節の延期を発表した。

これはひとまずの措置であり、スペイン紙では今後の状況によってはさらなる延期シーズン自体の打ち切りもあり得ると予想されている。

世界中で新型コロナウイルスへの警戒感が強まっている。久保選手もファンに予防の徹底を呼びかけた。

「いまはスペインリーグも中断しています。皆さんも少なからず不安などあるかと思いますが、自分もできることをするので、皆さんもきっちり予防して一緒に乗り越えていきましょう

 

この投稿をInstagramで見る

 

スペインでプレーしている#久保建英 選手(マジョルカ/スペイン)から全国のサッカー少年少女に向けた#手洗いレクチャー の動画です。 ・ 久保選手のように正しい手洗いの知識を身に着け、「大好きなサッカーを楽しむ前、後に必ず手洗い」を徹底しよう! ・ === 「#SportsAssistYou ~ #いまスポーツにできること ~」 #JFA は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため自宅待機されている皆さまに、ひとりでも、室内でも取り組め、健康の維持、促進につながるコンテンツ配信を開始します。 賛同してくれた選手たちの動画を、順次公開していきます。 詳しくはこちら https://www.jfa.jp/grass_roots/sportsassistyou/ ・ JFA.jpでは個人でテクニックを身につけられるプログラム「#JFAチャレンジゲーム」(動画)を4月5日(日)まで無料公開しています。こちらもチャレンジしてみてください! === #daihyo #SAMURAIBLUE

日本サッカー協会(JFA)(@japanfootballassociation)がシェアした投稿 –

≪関連記事≫

中田英寿が立教大学の客員教授に就任 『日本文化の世界戦略』をテーマに講義

冨安健洋、本田圭佑、乾貴士らが“一人でも室内でも”取り組めるゲームや練習を公開「#いまスポーツにできること」

クリスティアーノ・ロナウド、無観客試合も“エア・ハイタッチ” 自身は公式戦通算1000試合出場を達成

ユルゲン・クロップ、新型コロナウイルスの質問を受け 「聞くべきは専門家の言葉」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします