パウロ・ディバラ、新型コロナウイルスについて「何が起きたかを伝える」

(c)Getty Images

ユヴェントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ選手は、新型コロナウイルスとの戦いに打ち勝った自身の経験から、パンデミックを回避するために最良の方法は自宅で過ごすことだと主張した。

ディバラ選手は、恋人のオリアナさんとともに新型コロナウイルスの検査に陽性反応を示し隔離されていたが、現在は回復して近く再検査を行う。

動けば5分で息切れ、寝るときは身体が冷たく感じる

(c)Getty Images

「自分の身に起こったことを伝え、みんながそれを真剣に受け止め、家に留まってもらいたい」とディバラ選手。

イタリアは世界でも特に新型コロナウイルスで大きな被害を受けた地域だ。ディバラ選手は多くの人が苦しんでいる現状に心を痛める。

「幸いにも僕たちは、最近では症状が出なくなりました」

検査で陽性反応が出たあとに「体調は万全の状態」とインスタグラムで軽症をアピールしたが、それでも息苦しさや倦怠感が強く出たと言う。

症状が強く、すぐに疲れてしまい、トレーニングをしても5分で息が切れました。そこで何かが変だと気づき、クラブが行った検査で陽性だと言われたんです。そこから咳や身体の疲れが起き、寝るときには身体がとても冷たく感じました。だけどクラブから良くなるよと言ってもらえたので、冷静でいることができました」

イタリアの新型コロナウイルス感染者は11万人を超え、欧州では最大の流行地となっている。

≪関連記事≫

パウロ・ディバラがユニフォームのコレクションを公開 ホセ・マウリとの再会も希望

クリスティアーノ・ロナウドも「Stay Home」 「困難な時期は大切なものに感謝しよう」

クリスティアーノ・ロナウド、無観客試合も“エア・ハイタッチ” 自身は公式戦通算1000試合出場を達成

土居美咲、コロナ影響のツアー休止を「プラスに」 新たに取り組む「クロストレーニング」への期待

酒井高徳が新型コロナ陽性 ウイルスは「本当にどこに潜んでいるかわからない」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします