渡邊雄太、2メートルのソーシャルディスタンスは「だいたい僕の身長を想像して」

新型コロナウイルス感染拡大の影響により日本でも外出自粛の要請が続いている。外出は1日に1回、どうしても必要な場合に限り極力、人と接触しない生活が求められる。

そして、やむを得ず外出する場合には、他人と十分な距離(ソーシャル・ディスタンス)を取る。

推奨されるソーシャル・ディスタンスは2メートル。この2メートルを示すため、メンフィス・グリズリーズ渡邊雄太選手が自身のSNSにユニークな画像を投稿した。

ソーシャル・ディスタンスはNBA選手の身長くらい

身長2メートル3センチの渡邊選手は、自分が立っている写真を横に倒すことで2メートルを表現

「外出をやむを得ない時に大事になってくるのは2m以上のソーシャルディスタンスです!2mって言われてもパッとしない方はだいたい僕の身長を想像してその分の間隔を開けてください」

渡邊選手の投稿にファンからは「センスしか感じなかったです笑」「がんばって想像します!」などのコメントが寄せられた。

「両腕を拡げたウィングスパンのほうが解りやすいのでは?」という感想に渡邊選手は、「ウイングスパンバージョンも作ってもらった」と構想にはあったことを明かした。

しかし「身長の方が2mに近いんでこっちのがいいかな」と身長バージョンが決定稿になったようだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuta Watanabe(@yutawatanabe12)がシェアした投稿

≪関連記事≫

渡邊雄太ってどんな選手? 日本人史上2人目のNBAプレーヤーとしてデビューを飾った期待の星

渡邊雄太、大学時代を過ごしたワシントンでの試合に喜び 「お帰りなさいと言ってもらえて嬉しかった」

渡邊雄太と瀬戸大也が米国で2ショット 同じ94年生まれで日本スポーツを「盛り上げていきます」

八村塁と渡邊雄太、史上初となる日本人対決が実現 試合後にはユニフォーム交換も

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします