本田圭佑が音声サービスを開始 トップアスリートたちの生の声を届ける

元サッカー日本代表MF本田圭佑選手がCEOを務めるNow Do株式会社と、インターネットスポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」を運営する株式会社運動通信社は、日本を代表するトップアスリート16名と共にプレミアム音声サービス「NowVoice」の提供を、4月29日より開始した。

「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額900円(税抜)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービス

サービス詳細

トップランナーの「」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力がある。日々チャレンジを続ける16名のトップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指す。

現在、新型コロナウイルスの影響で自宅待機を余儀なくされ不安な日々を過ごしている人が多いなか、「NowVoice」はトップランナーの声をより多くの人々に届け、「」「勇気」「元気」を与えたいと考え、4月29日から2020年5月31日(予定)までをチャリティー期間とし、サービスを無料提供する。

第1弾トップランナーは、休校が解除されない子供たちを勇気付ける主旨に賛同し、共通投稿テーマ「日本の子供たちへ」に関するそれぞれの想いを乗せた、ここでしか聴けない音声を提供した。

参加アスリートそれぞれの想い

本田選手は自身のツイッターで「最高のヒーロー達が集結してくれました。大変なときだからこそ盛り上げます!」と参加したアスリートを紹介。

ラグビーの五郎丸歩選手は「一人でも多くの方に、声が届くことを楽しみにしてます。初回のテーマは『日本の子供達へ』 radio感覚で楽しく聴いてください」とブログで参加を告知した。

(c)Getty Images

バスケットボールの渡邊雄太選手も「メンバーの一人として参加させていただく事になりました。みなさんに本音の声をこれから届けれたらと思います! 」と参加を報告

渡邊選手は「未来のある子供達、そしてその子供を支える周りの大人の方々にも聞いていただけたらと思います」と第1回のメッセージに想いを込めた。

(c)Getty Images

競泳の池江璃花子選手は外出自粛中の子供たちに聴いて欲しいとツイートした。

コロナで在宅を余儀なくされている子どもたちに届きますように。良かったら聴いてください」

(c)Getty Images

≪関連記事≫

冨安健洋、本田圭佑、乾貴士らが“一人でも室内でも”取り組めるゲームや練習を公開「#いまスポーツにできること」

五郎丸歩、イングランドV字ラインは「RWC2019の象徴となるだろう」

渡邊雄太、2メートルのソーシャルディスタンスは「だいたい僕の身長を想像して」

池江璃花子が献血への協力を呼びかけ 新型コロナの影響で献血会場の実施が困難に

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします