『クローズアップ現代+』プロ野球開幕を前に“ウィズコロナ”を考える

6月18日放送のNHK『クローズアップ現代+』は、プロ野球開幕を翌日に控え“ウィズコロナ”での楽しみ方を模索していく。

未知の感染症パンデミックという前例のない理由で開幕延期が続いてきたプロ野球だが、多くの方々の努力により新たなシーズンが始められるところまでこぎ着けた。当面はファンを入場させない無観客試合で実施する。

シーズンが120試合に短縮されたことで日程は変則となり、投手起用にも新戦略が施されるなど、新たな見どころが生まれる可能性もある。

一方、運営側は徹底した感染症対策の実行、無観客試合や試合数減少に伴う終始の問題を突きつけられる。

番組では元中日ドラゴンズ監督で野球解説者の谷繁元信さん、前横浜DeNAベイスターズ社長の池田純さんを迎え、コロナと共存する時代にスポーツをどうやって楽しめば良いのか考えていく。

放送は6月18日、22時から

≪関連記事≫

NPB、選手とファンがメッセージを繋ぐ「みんなとキャッチボールプロジェクト」第5弾を公開

NPB、選手とファンがメッセージを繋ぐ「みんなとキャッチボールプロジェクト」第4弾を公開

NPB、選手とファンがメッセージを繋ぐ「みんなとキャッチボールプロジェクト」第3弾を公開

NPB選手会が新型コロナ感染拡大防止のために寄付 炭谷銀仁朗「選手会として少しでも力になれれば」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします