過酷な7人制ラグビー 藤田慶和の「#セブンズでの一言」とは

6月23日は五輪デー。1894年6月23日にIOCが創立されたことを記念している。

ワールドラグビー日本語公式インスタグラムは、この記念日に7人制ラグビー日本代表にインタビュー。「あなたの #セブンズでの一言 は何ですか?」と質問した。

オリンピックでは限界を超え続けメダル獲得を

7人制ラグビー(セブンズ)は2016年のリオ大会から五輪の正式種目に採用された。15人制ラグビーと同じ大きさのグラウンドを、人数は半分の7人で使うため、大きくボールを動かすパスワークや、ディフェンスラインを突破したトライが生まれやすい。

試合が膠着しにくく、絶えず次の展開が生まれるため観客を飽きさせないが、常に走り続けることを要求されるため選手は運動量を要求される。

日本代表の藤田慶和選手はセブンズでの一言に「限界」を挙げた。

「セブンズラグビーはスポーツのなかでも最も過酷な競技と呼ばれています。その過酷な競技で世界と戦って勝利をもぎ取るには、常に限界を超える必要があります。僕たちセブンズ日本代表は、常に限界を超えるトレーニングを積み重ねています。五輪でも限界を超え続け、必ずメダルを獲りたいと思います。応援よろしくお願いします」

 

この投稿をInstagramで見る

 

World Rugby JP(@worldrugbyjapan)がシェアした投稿

≪関連記事≫

藤田慶和・達成兄弟も参加 アスリートが自宅でオンラインヨガ

7人制ラグビー、チャレンジャーシリーズ初戦で3位 藤田慶和はウルグアイ大会でのリベンジを誓う

藤田慶和、ドバイのインスタ映えスポット『ドバイフレーム』を紹介 撮影に工夫も

藤田慶和、オールブラックス撃破に「言葉に表せないぐらい嬉しかった」 ラストワンプレーで勝利

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします