【ラグビー】W杯、日本は強豪揃いの「死のプールD」 ジョセフHC「厳しい戦いは覚悟のうえ」

パリで開かれたラグビーワールドカップ2023 プール抽選会 (C)Getty Images

■イングランド、アルゼンチンなどが同組に

ラグビーワールドカップ2023のプール組分け抽選会が14日、パリで行われ、日本イングランドアルゼンチンなどと同じプールD入りとなった。

【画像】ラグビーワールドカップ2023 各プール組分けの抽選結果

2019年の日本大会で初のベスト8入りを果たした日本だが、前日本代表HCのエディー・ジョーンズ監督が指揮をとり前回大会準優勝のイングランドや、過去に2度ベスト4となったアルゼンチンといった強豪国と同組になった。その他に、オセアニア第1代表米大陸第2代表もプールDに名を連ねることになる。

大会公式サイトでは、各監督のコメントを紹介。日本と縁の深いジョーンズ監督は、「(日本戦は)タフな試合になるだろう。日本のようなチームとの対戦では、チャンスはそう多くはないはず。しっかり準備しておきたい」と、慢心なき姿勢を強調している。

一方、強豪国揃いのプール入りとなった日本のジェイミー・ジョセフHCは、「イングランドとアルゼンチン、どちらもエネルギッシュなチームだ。最近ではオールブラックスにも良い勝ち方をしている。厳しい戦いになるのは覚悟のうえだ」と語り、「死のプール」入りとなった覚悟を口にしている。

【画像】ラグビーワールドカップ2023 各プール組分けの抽選結果

【ラグビー】W杯「死のプールD」決定で代表メンバーが”決意表明” 姫野、流、松島らの反応は?

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします