ウルグアイ代表・スアレス、夫人の第3子妊娠を公表…試合には子供たちが応援に

ウルグアイ代表のエースとしてFIFAロシア・ワールドカップ(W杯)でも活躍が期待されるルイス・スアレス選手に、立て続けに嬉しいことが起こった。

まずピッチ内では6月20日に行われたグループリーグ第2節が代表通算100試合目になり、さらに自身の先制ゴールが決勝点になってウルグアイは連勝し、決勝トーナメント進出が決まった。

試合後にインスタグラムを更新したスアレス選手は、「ウルグアイの歴史の一部になれて嬉しい」と投稿し、さらに第3子を授かったことも公表した。投稿にはユニフォームの中にボールを入れ、愛しそうにキスする写真が添えられている。

また、夫人のインスタグラムでは2人の子供がスアレス選手と同じ背番号9のユニフォームを身に着け、応援に向かう様子も投稿されていた。

❤️❤️❤️❤️

A post shared by Sofi (@sofibalbi) on

❤️❤️❤️❤️

A post shared by Sofi (@sofibalbi) on

スアレス選手の投稿にフォロワーからは、「おめでとう。私はアルゼンチン人だけど、ウルグアイが南米に優勝トロフィーを持ち帰ってくれることを期待するよ」「あなたの家族におめでとうと言わせて」「おめでとうございます。楽しみですね。神様の祝福がありますように」などのコメントが寄せられている。

≪関連記事≫

セネガル代表サディオ・マネ、小さな村の貧しい少年がプロになるまでの”人生”と支えとなった”家族”の存在

ハメス・ロドリゲス、ファルカオらが自身の考えを発信…厳しいスタートもグループ突破に望み捨てず

セネガル代表・クリバリが27歳に!あのマラドーナも期待する大型センターバック