【ダンス】SEGA SAMMY LUXが歴史的初戦を制す!「Dリーグ」開幕

Dリーグ初戦を制したSEGA SAMMY LUX (C)D.LEAGUE 20-21

日本発のプロダンスリーグ「第一生命 D.LEAGUE 20-21 REGULAR SEASON」(Dリーグ)が10日、有明アリーナで開幕した。全9チームが熱量溢れるパフォーマンスを披露し、SEGA SAMMY LUXがROUND.1(開幕戦)を制した。

【画像】Dリーグ ROUND.1(開幕戦)の順位と各チーム獲得点数

新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり無観客での開催となったが、公式アプリや「ABEMA」「スポーツナビ」などの各種プラットフォームでも同時中継され、オーディエンスも審査に参加可能など、時代に適応した取り組みも交えての船出となった。

8名のダンサーで構成された各チームは、オリジナル楽曲にあわせて約2分ほどのパフォーマンスを披露。初戦を制したSEGA SAMMY LUXは4名のジャッジによる審査65点、オーディエンスポイント13点、合計78点(100点満点)を獲得し、記念すべき初戦をモノにした。

リーダーを務めるCANDOOはパフォーマンス直後「いやー、気持ちよかった!」と満足げな表情で振り返り、ディレクター(監督)を務めるBOBBY氏も「めっちゃ興奮しました。出来もよかった」と語った。

次戦ROUND.2は24日に開催予定となっている。

神田勘太朗が語る『D.LEAGUE』 世界初日本発プロダンスリーグ 「ダンスは世界を獲れる」

日本発のプロダンスリーグ「D.LEAGUE」に高まる期待 「ダンサーを志す人にとって革命的な出来事」

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします