【ラグビー】開幕が延びていたトップリーグが20日にスタート、世界のスター選手が日本に集う

ラストシーズンとなる五郎丸歩 (C) Getty Images

■感染拡大で遅れていたトップリーグがついに開幕

感染拡大で開幕が遅れていた「ジャパンラグビー トップリーグ2021」が、2月20日、21日にようやく開幕する。昨年の6節以来の公式戦。ラグビーファンはかなり待たされた印象だ。

当初はファーストステージセカンドステージプレーオフという3段階で順位を決定する予定だったが、開幕が遅れたため、大会フォーマットが変更になった。まず、レッドカンファレンスホワイトカンファレンスそれぞれ8チームによる総当たりのリーグ戦を行い、次にトップチャレンジリーグ上位4チームを加えた計20チームによるプレーオフトーナメントが開催される。決勝戦は5月23日、秩父宮ラグビー場で行われる。

今年のトップリーグは注目度が高い。ワールドカップ・フランス大会が2年半後と近づいた状況で、サンウルブズの活動が終了。ジャパンのチーム強化という意味でも、トップリーグの存在が重要になった。有名選手ばかりでなく、伸び盛りの若手選手にも注目だ。

さらに、来季からは、よりプロ化を進めた新リーグが発足する。どのチームが1部リーグに残るかも気にかかる。

■世界のスター選手がトップリーグに集結!

具体的な見どころを解説する前に、まず、このメンバーを見てほしい。

ボーデン・バレットベン・スミスTJペレナラアーロン・クルーデン(以上ニュージーランド)、マルコム・マークスマカゾレ・マピンピ(以上南アフリカ)、マイケル・フーパー(オーストラリア)、グレイグ・レイドロー(スコットランド)。

一体、何のリスト? 世界選抜チーム? と首をひねった方もいるだろう。一昨年のラグビーワールドカップ東京大会で、最高のプレーを見せてくれたスタープレーヤーがずらり。名前を読み上げるだけで、数々の熱戦がまぶたに浮かんでくる。

実は、これらのスターは今年から日本のトップリーグに参加する選手たちなのである。しかも、昨年から参加しているプレーヤーには、キアラン・リードブロディ・レタリックライアン・クロティ(以上ニュージーランド)、バーナード・フォーリーサム・ケレビ(以上オーストラリア)がいる。

つまり、日本に居ながらにして、TJペレナラとレイドローのスクラムハーフ対決、バレット、フォーリー、クルーデンのスタンドオフ対決が見られるのである。これって凄いことだと思う。ワールドカップ開催で日本ラグビー界は一変した。そのインパクトの大きさを、改めて実感できるメンバーだ。

■サントリーのハーフ、センターにタレントがそろう

さて、注目チームだが、まずサントリーサンゴリアスを挙げたい。何と言っても、オールブラックスの司令塔ボーデン・バレットの加入が楽しみだ。2019年のワ―ルドカップではフルバックで出場したが、サントリーではスタンドオフでの起用が予定されている。スタンドオフこそ彼のベスト・ポジション。世界一のプレーを存分に堪能したい。

コンビを組むスクラムハーフは流大が有力だが、昨年、キャプテンとして早稲田大学を優勝に導いた斎藤直人に注目だ。本人は「まず、試合に出ること」と殊勝だが、バレットも記者会見で斎藤選手のポテンシャルに言及していた。背番号9を勝ち取るつもりで挑んでほしい。

センター陣も強力だ。ジャパンの中心選手でもある中村亮土ワラビーズのサム・ケレビ、早稲田出身のルーキー中野将伍とタレントがそろう。迫力のある展開ラグビーが期待できそうだ。

■複数チームにチャンスあり。優勝争いも興味深い

ディフェンディングチャンピオンとなる神戸製鋼コベルコスティーラーズダン・カーターが退団したが、入れ替わるようにアーロン・クルーデンとベン・スミスが加入した。ふたり合わせたオールブラックスのキャップは、なんと134。レジェンドの実力を見せてくれるだろう。

日和佐篤山下裕史中島イシレリというプロップ陣、世界一のロック、レタリックを擁するフォワードも強力だ。連覇を狙える布陣といえる。

そのほか、坂出淳史ヴァル・アサエリ愛稲垣敬太堀江翔太の一列が凄いパナソニックワイルドナイツ。リードとフーパーが同じチームで夢のバックローを組むトヨタ自動車ベルブリッツ。総合力で勝るヤマハ発動機ジュビロが優勝圏内と見る。

かつては、サントリーとパナソニックの力が秀でていた時期もあったが、近年は各チームの実力が接近してきた。特に今シーズンは混戦が予想される。優勝争いという点でも面白くなりそうだ。

■ラストシーズンを迎える五郎丸、福岡に声援を

忘れてはいけないのが、ラストシーズンとなる五郎丸歩福岡堅樹の活躍だ。ふたりが記した日本ラグビーへの貢献は、いまさら繰り返すまでもない。最後の勇姿をしっかりと見届けたい。

トップリーグから武者修行に旅立ったふたりにもエールを送ろう。松島幸太郎は、フランスのクレルモン・オーヴェルニュで見事にレギュラーを勝ち取っている。かつては海外チームに所属しても試合に出ることすら難しかった。彼の活躍は胸のすく思いだ。

そして、姫野和樹はニュージーランドのハイランダーズのスコッドとしてスーパーラグビーに挑む。ぜひ、何倍もたくましくなって帰ってきてほしい。

最後に個人的に見たい選手をひとり挙げさせてほしい。NTTドコモレッドハリケーンズのマピンピだ。ワールドカップ決勝で見せた突破は、驚き以外の何ものでもなかった。あのタッチラインぎわの疾走をもう一度見たい! 走れ、マピンピ!

【ラグビー】3部構成の新リーグ概要が発表 現行トップリーグからの変更点とは?

【ラグビー】トップリーグが2月20日に開幕、全75試合 新日程・方式を発表

【ラグビー】天理大が早大を破り初の大学日本一 猛攻8トライで圧勝

著者プロフィール

牧野森太郎●フリーライター

ライフスタイル誌、アウトドア誌の編集長を経て、執筆活動を続ける。キャンピングカーでアメリカの国立公園を訪ねるのがライフワーク。著書に「アメリカ国立公園 絶景・大自然の旅」(産業編集センター)がある。デルタ航空機内誌「sky」に掲載された「カリフォルニア・ロングトレイル」が、2020年「カリフォルニア・メディア・アンバサダー大賞 スポーツ部門」の最優秀賞を受賞。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします