【NBA】得点王3度のハーデンがネッツに電撃加入 4チーム7選手が絡む超大型トレード

大型トレードでネッツへ加入するジェームズ・ハーデン (C)Getty Images

■7選手と複数のドラフト指名権が絡む超大型トレードが成立

NBAブルックリン・ネッツは13日、過去3シーズン連続で得点王に輝いているジェームズ・ハーデンヒューストン・ロケッツからトレードで獲得した。合計4チームで7選手とドラフト指名権が絡む、近年稀に見る超大型トレードとなった。

今回のトレードに関与したのは、ネッツ、ロケッツ、インディアナ・ペイサーズクリーブランド・キャバリアーズの4チーム。

ネッツはハーデン獲得に伴い、カリス・レヴァートロディオンズ・クールッツ、複数のドラフト指名権をロケッツへ、ジャレット・アレントーリアン・プリンスをキャバリアーズへそれぞれ放出した。

その後ロケッツは、獲得したルバートをペイサーズに放出しビクター・オラディポを獲得。キャバリアーズからもダンテ・エクサムを迎え入れた。

得点王に3度、17~18シーズンにはMVPにも選出されたハーデンだが、12日にはチームへの不満からトレード移籍を志願しており、その直後の大型トレード決定となった。今トレードに伴いネッツには、ハーデン、ケビン・デュラントカイリー・アービングというNBAを代表する「ビッグスリー」が一挙に揃うことになった。

【NBA】八村塁、2年目も上々の滑り出し HCが感じた手応えと課題とは

【コラム】「バスケの神様」マイケル・ジョーダンについてまわるNBA9連覇の夢

ラッセル・ウェストブルックを支える「Why not」の精神 NBAトッププレイヤーが語る“練習”の大切さ

文・SPRAED編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします