【競馬】東スポ杯2歳SがGIIに昇格 勝ち馬コントレイルやワグネリアンなどダービー馬に

日本中央競馬会(JRA)は27日、日本グレード格付管理委員会による審査の結果、東京スポーツ杯2歳ステークスのGII昇格申請が承認されたことを受け、同レースの本年度の格付表記を「GII」に変更したことを発表した。

◆東京スポーツ杯2歳ステークスの過去10年の勝ち馬一覧

また、葵ステークスのGIII格付申請は同委員会において承認されなかったため、従来通り「重賞」として施行されることも併せて発表している。

昇格・格付けには、パターンレースレーティング(過去3年平均)および直近年の年間レースレーティングが基準値以上であることが条件となっており、東京スポーツ杯2歳ステークスは過去3年平均が「108.33」、昨年のレースレーティングが「109.50」で、それぞれが2歳GII基準値「105.00」を上回ったため昇格が認められた。

一方の葵ステークスは、過去3年平均「106.42」こそ3歳GIII基準値「105.00」を上回ったものの、昨年のレースレーティングが「104.50」だったため、本年度の昇格は持ち越しとなった。

■コントレイルにワグネリアン、東京スポーツ杯はクラシック戦線の出世レースに

今回昇格が認められた東京スポーツ杯2歳ステークスは近年、クラシックの登竜門として注目を集めている。2019年の勝ち馬コントレイルはこのレースで重賞初制覇を果たし、一躍その名を全国区に。翌2020年には日本競馬史上3頭目となる無敗の牡馬三冠を達成した。

2017年のワグネリアン、2011年のディープブリランテもこのレースが初の重賞タイトルで、翌年の日本ダービーで世代の頂点に立っている。また2013年の覇者イスラボニータは、牡馬クラシック第1戦・皐月賞を制している。

昨年はダノンザキッドが勝利し、次走のホープフルステークスも快勝。同時期のコントレイルと同じく3戦3勝とし、JRA賞最優秀2歳牡馬も受賞した。近年屈指の出世レースから再びクラシックホースが現れるのか、注目したい。

【競馬】三冠馬vs.名牝の舞台は大阪杯か宝塚記念か コントレイル、デアリングタクト、クロノジェネシスの動向を読む

【競馬】アーモンドアイとコントレイルがそれぞれ1位に JPNサラブレッドランキング発表

【競馬】川崎記念は船橋の雄・カジノフォンテンが優勝 18年越し人馬のドラマチックV


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします