奥原希望らトップ選手の課題を「食」で解決 味の素ビクトリープロジェクトの取り組み

味の素「ビクトリープロジェクト」のディレクター・上野祐輝氏(写真:SPREAD編集部)

アスリートが試合で最高のパフォーマンスを発揮するために、日常的なトレーニングを含めた、自身のコンディションの管理は必要不可欠である。

そんなアスリートのコンディション管理において、「」に関するサポートを行っているのが、味の素株式会社が栄養指導やコンディショニングサポートを行う「ビクトリープロジェクト」だ。

今回は「ビクトリープロジェクト」のディレクターである上野祐輝氏にお話を聞き、その活動やコロナ禍でのサポートをはじめ、担当されているバドミントンの奥原希望選手との取り組みについても伺った。

上野祐輝
味の素株式会社オリンピック・パラリンピック推進室ビクトリープロジェクトグループに所属。
バドミントンの奥原希望選手をはじめ、空手やハンドボールのトップアスリートのサポートを担当。このプロジェクトを通じスポーツを楽しむすべての人に「栄養の大切さ」を伝えている。

◆奥原希望が全英オープンで5年ぶり2度目のV 世界ランク11位を圧倒

■サポートの一歩目は「現状を知る」

味の素「ビクトリープロジェクト」は、2003年からJOC(日本オリンピック委員会)と共同で行っている、選手のコンディショニングを食と栄養でサポートするプロジェクトだ。

味の素が得意としている「アミノ酸」の働きなどを活用し、選手の課題解決や目的を達成するための方法を日々提案している。

上野氏自身も、2016年のリオオリンピックからこのプロジェクトに携わっている。

―2016年からこちらのプロジェクトに携わり、現在はバドミントンの奥原希望選手をはじめとした多くのアスリートをサポートされていますよね。

上野:はい。奥原選手とは2016年リオオリンピックの現地で初めてお会いしました。その当時、私はまだ営業部門から今のプロジェクトに移ったばかりで、「G-Road Station」という選手村のすぐ隣にある栄養サポート拠点の担当で、そこで彼女がどのように競技と向き合っているのかなど、色々なお話を伺っていたんです。

私自身、初めてオリンピックでバドミントンという競技を生で観戦しまして、奥原選手のプレーに素人ながら驚かされたのですが、結果は銅メダルだったんです。

2020年はぜひとも彼女に目標を達成してほしいという思いもあり、帰国後に声をかけ、次のオリンピックに向けて栄養面で深くサポートをしていきたいんだとお話をして、そこから始まったという感じですね。

―そこから奥原選手のサポートが始まるわけですが、どういった課題から着手していったのですか?

上野:最初は私自身も奥原選手の何が課題か正直わからない状態からスタートするので、どちらかと言うと、まず奥原選手自身の身体に何が起きているのか、今の身体の状態はどうなっているのか、現状を知るといったところから始めていきました。

奥原選手の日々の体組成(体重や除脂肪体重など)の変動をグラフ化して、例えば疲れてくると体重が落ち気味になってしまうだとか、そういう点を見つけようとしました。

そこでは大きな課題は見つからなかったのですが、日々の体組成の報告とそのフィードバックを繰り返して、コミュニケーションを取るという土台をしっかり作り上げることができました。

■海外遠征でも必要な栄養素を摂る習慣づけを実施

「ビクトリープロジェクト」スタッフと打ち合わせをする奥原希望(提供:味の素(株))

国を代表するアスリートともなると国際大会など海外にまで活動の範囲が広がる。そこでは恵まれたサポートをされていると思いがちだが、食の面においてはそんなことはなかったと上野氏は言う。

上野:奥原選手を含めたバドミントン代表の活動スケジュールの特徴は、国内で1週間ほどナショナル強化合宿をするんですね。そこから海外に出て2大会に出場し帰国します。そしてまた合宿をして、2大会出て帰国するというのがお決まりのスケジュールなんですよ。

海外で2大会(約2週間)戦っていると、だんだん日が経過するにつれ力が発揮できなくなっていたんです。身体の調子が悪かったり体重が落ちてしまうといった課題が選手にヒアリングしていくうちにわかってきました。

バドミントンの代表選手は恵まれた環境で国際大会を回っているのかなと勝手に想像していましたが、現地での話を聞くと、朝食はホテルのバイキング、昼食と夕食は各自で取らなければいけなかったのです。

とはいっても、選手たちは日々試合をしているので、外食に行くか、部屋で簡単に腹を満たせるものを食べるという二択になっていました。

海外に行くと、外食にしても脂がとても多くて身体に合わなかったりします。それが嫌だから部屋で食べようとなっても、その時の目的が「おいしくて、簡単で、腹が満たせる」なので、レトルトのカレーや中華丼の素、ラーメンなどを食べていたんですよね。

―それでは栄養が偏っていきますよね。

上野:栄養的な側面で見ると、それを繰り返していれば、必要な栄養素はとれないです。だからだんだんとコンディションが崩れていく理由もわかったんです。ただ、海外で転戦していることもあり、選手たちにはクッカーという小さな調理器具でレトルトを温めたりしている習慣がありました。

その習慣を我々はうまく活用して、「おいしくて簡単」だったものを「おいしくて簡単で正しい」という食事がとれるような調理を伝えました。

国際大会に初めて帯同した際には、必要な栄養素をちゃんと取ればこれだけ身体は変わるんだ、コンディション管理に良いんだ、と実感してもらって、その後の海外大会でも必要な栄養素を摂る習慣づけをしていきました。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします