【プロ野球】今カードの見どころ<セ・4/6〜4/8>「好調阪神は“伝統の一戦“で首位固めなるか」

阪神・佐藤輝明 (C)共同

▼セ・リーグ対戦カード

■4/6〜4/8:ヤクルトvs広島(神宮)
■4/6〜4/8:中日vsDeNA (バンテリンドーム)
■4/6〜4/8:阪神vs巨人(甲子園)

◆今週のPickupプレイヤー「打撃絶好調の菊池涼介・中村奨吾、際立つデータとは」

■広がるコロナ禍での“伝統の一戦”はいかに

甲子園で行われる今季初の“伝統の一戦”は、1位・阪神と2位・巨人首位攻防戦となる。だが、巨人は4日に中島宏之丸佳浩若林晃弘、さらに5日には打率.452と好調のウィーラーにも陽性判定の新型コロナウイルス陽性が確定。主力の大量離脱で苦しい状況になっている。それでも4日の試合では移籍の廣岡大志が活躍し、さらに話題の高卒ルーキー・秋広優人が1軍昇格を果たした。選手層の厚さでこの危機的状況を乗り切れるか。

一方の阪神は、昨季8勝16敗と天敵である巨人との直接対決の戦いぶりが、16年ぶりのリーグ優勝へのカギとなる。まずは第1戦。今季初となる甲子園の舞台で、昨季対巨人戦で3勝1敗、防御率1.77の西勇輝がライバルを封じ込めれば、ペナント争いで一歩抜け出す可能性もある。

その他、4日の試合で開幕9戦目での今季初勝利を挙げたDeNA中日と対戦。昨季1勝11敗と鬼門のバンテリンドームムを克服して流れを変えられるか。迎え撃つ中日は昨季、対戦成績3戦3勝で防御率0.00の大野雄大が初戦に先発。相性の良さで一気に貯金生活を狙う。

青木宣親内川聖一らをコロナ禍で欠くヤクルトだが、主力を欠いた5試合で2勝1敗2分と踏ん張りを見せた。開幕から3カード負け越しなしと好調な広島との対戦は、今後を占う試金石となりそうだ。

◆【パ・リーグ】今カードの見どころ<パ・4/6〜4/8>「好調西武が楽天と激突、SB千賀は今季初登板へ」

◆【打者分析】セ・パ打率TOP5好不調トレーダー 「阪神・佐藤輝だけじゃない、1年目のDeNA・牧秀悟が打率4割超」

◆【動画】先週の好守備プレーバック<セ・リーグ>「坂本勇人、華麗なグラブ捌きでチームのピンチを救う」

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします