【プロ野球】先週の好守備動画プレーバック<セ・リーグ>「坂本勇人、華麗なグラブ捌きでチームのピンチを救う」

巨人・坂本勇人 (C)Getty Images

先週は通算でゴールデングラブ賞を4度受賞している巨人坂本勇人の華麗なグラブ捌きなど数多くのファインプレーが生まれた、動画を通して先週の好プレーをプレイバック。

◆【動画】先週の好守備プレーバック<パ・リーグ>「甲斐拓也、“甲斐キヤノン”炸裂で盗塁阻止」

■セ・リーグの好守備プレイ集

3/30 巨人・増田大「ストライク返球でチームの逆転を防ぐ」

1アウト満塁とピンチの場面で中日木下拓哉の浅いレフトフライをキャッチし、正確な返球でホームへ。アウトとなり、チームの危機を救った。

4/2 広・矢野「強烈ライナーを横っ飛びでキャッチ」

8回裏に一発が出れば同点という場面で、DeNA関根大気の三遊間へのライナー性の打球を横っ飛びでキャッチ。チームの勝利に貢献する守備となった。

4/3 巨人・坂本「華麗なグラブ捌きで難なくアウトに」

9回表にヤクルト・山崎晃大朗の二遊間への難しい打球を華麗なグラブ捌きで1塁へ送球。ピンチの場面で出たファインプレーだった。

4/4 巨人・立岡「レフトに落ちそうな打球を気迫のダイビングキャッチ」

2回の表に2アウト満塁の真面で、ヤクルト山崎晃大朗のレフトへの浅い打球をダイビングキャッチ。ヒットとなれば、追加点を許したことになるだけに、超ファインプレーだった。

◆【打者分析】セ・パ打率TOP5好不調トレーダー 「阪神・佐藤輝だけじゃない、1年目のDeNA・牧秀悟が打率4割超」

◆【動画】大谷翔平、投げては162キロの剛速球、打っては飛距離138メートルの特大アーチ

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします