【プロ野球/打撃のキーマン】DeNA・宮﨑敏郎、神宮で打率.340とハイアベレージ

(C)Getty Images

セ・リーグでは15試合連続安打の広島菊池涼介が打率.415とヒットを量産中。パ・リーグでは先週の西武3連戦でホームラン2発の楽天茂木栄五郎が打率ランキングでトップに立つ。

打率上位にも注目だが、ここでは投手vs打者の対戦データから読み取った打撃の「キーマン」をピックアップ。今日の注目打者はこの選手だ。

◆【動画】先週のホームラン・プレーバック 「佐藤輝明、衝撃の場外ホームラン」

■楽・岸 vs ロ・菅野 「球界を代表する右腕と好相性」

バットスイングの速さに定評のあるロッテ菅野剛士。昨年の序盤は3番に抜擢されるなど存在感を示し、81試合で打率.260を記録した。楽天岸孝之との対戦は、2019年の打率が.333で、今年もすでに4打数2安打と結果を残している。ここ数試合は湿りがちだが、球界を代表する右腕からヒットを放ち、浮上のきっかけとしたい。

21年 .500 4 2 0 0 1
20年 .333 3 1 0 0 0
19年 未対戦

■巨・サンチェス vs 中・平田 「本来の打撃を取す試合となるか」

昨年は7年連続で開幕スタメンを勝ち取った中日平田良介。しかし、故障の影響もあり、最終的には55試合の出場で打率.235、3本塁打という不本意な成績に終わった。昨年の巨人サンチェスとの対戦は打率.500をマークしており、本来の打撃を取り戻すには格好の相手。復活を示す一振りで、チームを勝利に導くはずだ。

21年 .000 3 0 0 0 1
20年 .500 4 2 0 1 1
19年 未対戦

■ヤ・スアレス vs デ・宮﨑 「球場との相性も抜群。ヒットの可能性大」

抜群のミート能力で高打率を残すDeNA宮﨑敏郎。昨年は自身3度目の打率3割と5年連続となる2ケタ本塁打をマークした。ヤクルトスアレスとは、昨年は未対戦だったが、19年は打率.333をマークし、今年もすでに2打数2安打と相性の良さは変わらない。昨年は神宮で打率.340とハイアベレージを残しており、ヒットを放つ可能性は高い。

21年 1.000 2 2 0 0 0
20年 未対戦
19年 .333 3 1 0 0 0

◆【打率TOP5/好不調トレーダー】広島・菊池涼介は15試合連続安打

◆【プロ野球/13日予告先発】セ・リーグ首位争いの先発は阪神・西 vs 広島・森下

テータ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします