【プロ野球】“最後の近鉄戦士”坂口智隆の引退で思い出す“近鉄最後の球団代表”のひと言「あの失敗を忘れるな」

東京ヤクルト・スワローズ、坂口智隆、内川聖一、嶋基宏の引退を伝える各紙
東京ヤクルト・スワローズ、坂口智隆、内川聖一、嶋基宏の引退を伝える各紙

パシフィック・リーグ連覇を決めたオリックスのチーム名である“バファローズ”が2004年に消滅した近鉄バファローズに由来することを知らない、若いプロ野球ファンも増えて来ていることだろう。球界再編に揺れたあのシーズンからもうすぐ20年が経とうとしている。

2002年ドラフト2位で近鉄に入団。2年間、近鉄のユニフォームを着てプレーした坂口智隆は、オリックスでレギュラーポジションを獲得。その後、2016年に東京ヤクルトスワローズに移籍した。プロ20年間で通算1526安打を記録、通算打率は.278だった。村上宗隆のシーズン56号で話題となった昨晩の試合では、その坂口を含め内川聖一嶋基宏の3選手がともに引退した。

◆オリックス・バファローズの礎を築いた男 〜 パ3球団で8度のリーグ制覇 悲運の闘将・西本幸雄が遺したもの

■「近鉄魂とはなんだったのか」

坂口の引退によって、NPBには近鉄出身の選手はひとりもいなくなった。球団消滅からこれだけの年月が経ったのだから当然ではあるが、同時にさびしさを感じる方も多いはずだ。

私が“近鉄最後の選手会長”である礒部公一ともに近鉄OBに話を聞いてまとめた書籍『近鉄魂とはなんだったのか?』(集英社)が出版されたのは2019年12月のこと。この時点で近鉄OBの現役選手は岩隈久志(当時、読売ジャイアンツ)、近藤一樹(当時スワローズ)、そして坂口の3人だけだった。余談だが、昨晩の坂口引退に際し、花束贈呈に姿を表したには、近藤だった。

2001年に近鉄のリーグ優勝に貢献した岩隈はそのシーズンをこう振り返っている。

「大差で負けている試合を追いついたり、逆転したり、すごいことばかりでした。代打で出た人がホームランを打つことなんかなかなかありませんが、あの年の近鉄では、めったにないことが毎日にように起きていたという印象があります。振り返ると、個性を生かし、長所で勝負する集団だったと思います。それで、ひとつにまとまったときは本当に強い。僕がメジャーリーグに行ったのは、はじめに近鉄で豪快な野球に触れたからかもしれません」。

岩隈は新球団の東北楽天ゴールデンイーグルスで7年間プレー、日本で107勝したあと、シアトル・マリナーズでも通算63勝を挙げた。

2019年夏に「いまは、できる限り長く、野球を続けたい。近鉄の選手の誇りを持ってプレーしていくつもりです」と語った岩隈は2020年限りでユニフォームを脱いだ。

“近鉄最後の球団代表”だった足高圭亮は2019年当時、奈良国際ゴルフ倶楽部の支配人をつとめていた。彼は、プロ野球界の未来についてこう語っている。

「これから100年、続いてほしい。日本人には、野球というスポーツが合ってますわ。大切なのは、それぞれの球団が地域性を出すこと、ファンを大事にすること。経営者は変わってもいいんです。このふたつを守ってくれれば。ファンの支えがないとプロ野球は続かない。試合では真剣に勝負するけど、経営では各球団が助け合う、そういうプロ野球であってほしい。あのとき(2004年)の失敗を忘れないでほしい」。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします