【プロ野球】主軸の好調が際立つ阪神とオリックス 直近5試合で打率上位の10選手は?

オリックス・吉田正尚 (C)共同

プロ野球は23日、セ・パ12球団6試合が行われる。セ・リーグでは開幕から好調の阪神の勢いが目立つ一方で、パ・リーグは混戦模様となっている。

打者に目を移すと絶好調の広島・菊池涼介や、DeNA期待のルーキー・牧秀悟の奮闘も目立っているが、ここでは「直近5試合」(※17日~22日の開催5試合が対象)での打率トップ10を振り返る。

【動画】今年のオリックスは一味違う!? 9回裏2死の土壇場で飛び出したT-岡田と杉本の劇的タイムリー

■阪神&オリックスの“関西勢”から6選手がランクイン

この期間での打率トップはロッテ・中村奨吾。22日には猛打賞を記録するなど、5試合で14打数7安打の活躍を見せた。

また、阪神オリックスの“関西勢”も打撃好調だ。阪神からは大山悠輔マルテ近本光司が名を連ね、勢いに乗るチーム状況を表している。オリックスからは、安達了一吉田正尚杉本裕太郎の3選手がランクイン。22日の西武戦では9回裏に4点を奪い劇的なサヨナラ勝利を決めるなど、今季は打線の繋がりを感じさせるシーンも多い。殊勲打を放った“ラオウ”こと杉本は、ここ5試合で6安打6打点と、勝負強さを発揮している。

直近5試合の打率ランキングトップ10は以下の通り。

球団 選手
ロッテ 中村奨吾 .500 14 7 0
オリックス 安達了一 .471 17 8 0
オリックス 吉田正尚 .444 18 8 2
阪神 大山悠輔 .444 18 8 2
阪神 マルテ .421 19 8 4
阪神 近本光司 .381 21 8 1
ロッテ 荻野貴司 .381 21 8 0
巨人 梶谷隆幸 .381 21 8 1
オリックス 杉本裕太郎 .375 16 6 1
ソフトバンク 中村晃 .368 19 7 1

◆【今週の注目打者】3冠王が狙えるDeNA・牧は快音連発となるか

◆10連敗中の三浦DeNAは首位・阪神と対戦、浮上のきっかけを掴めるか

◆楽天・田中将大、復帰後初勝利を目指し本拠地で登板へ

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします