小川航基、カメラマンからの指示に困惑…「重力に逆らう感じでいきましょう」

ジュビロ磐田の小川航基選手がインスタグラムを更新して、写真撮影で起きた一コマを明かしている。

ファンからはスーツを着こなす小川選手に、「めちゃくちゃカッコいいです」「イケメンすぎる」などの声が寄せられている。

カメラマンからの指示に「ん?」

この日はスーツを着ての撮影があった小川選手。撮影の様子を「いろいろと面白かったです」と振り返り、「#カメラマンの方の勢いがすごい」とハッシュタグを添えている。

カメラマンから「#重力に逆らう感じでいきましょう」「#レンズの奥の方を見る感じで」と指示され困惑したことを明かし、「#笑っちゃってなかなか進まなかった #プロだなと思いました。」と感想を伝えた。

さらに、同じ日にチームメートの川又堅碁選手も撮影に臨んだが、その様子に小川選手は「#けんごくんは自分の世界に入ってたみたいです」とコメント。キメ顔でカメラマンの要求に応える姿をイジった。

怪我から復帰…これからの活躍に期待がかかる

2017年5月のFIFA U-20ワールドカップで、左ヒザ前十字靭帯断裂の重傷を負った小川選手は、J1第4節で今季初出場を果たした。

終盤に負傷したアダイウトン選手との交代だったが、そのアダイウトン選手は練習再開まで6ヶ月の重傷。復帰早々だが今後は小川選手の活躍に期待がかかる。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします