【MLB】筒香嘉智、新天地でも直球攻略は道半ば 悔しさにじむ3打席連続三振

ドジャース・筒香嘉智(2021年5月20日)(C) Getty Images

ロサンゼルス・ドジャース筒香嘉智外野手が20日(日本時間21日)、本拠地でのアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に「7番・左翼」で先発出場したが、3打席連続三振を喫し、3打数無安打に終わった。打率は1割6分1厘となった。チームは3-2で勝利し、4連勝を飾った。

【図表】筒香はどれだけ150キロ超え速球を苦手にしていたのか? 過去2年の速球に対しての打率・打席結果一覧

■ストレートだけで3球三振

3試合連続の先発出場となった筒香だが、快音を響かせることはできなかった。

2回1死走者なしで迎えた第1打席は、プホルスの移籍後初アーチが飛び出した直後。右腕ケリーと対戦し、カウント1-2から93マイル(約150キロ)の直球にバットは空を切り、空振り三振を喫した。

5回に迎えた第2打席、移籍後も弱点解消に至っていないことを露呈してしまう。初球91.3マイル(約147キロ)の外角直球を見逃してストライクを取られると、2球目は90.3マイル(約145キロ)の直球を空振り。0-2と追い込まれた3球目は、91.7マイル(約148キロ)の直球を外角高めに決められ、見逃しの3球三振。すべてストレートを投じられ、3球で片付けられてしまった。3球すべて140キロ後半止まりのストレートであり、メジャーの中では、そこまで速いボールではない。以前から速球対応に課題があると指摘されてきた筒香だが、攻略にはまだしばらく時間が必要かもしれない。

7回の第3打席、今度はカーブで空振り三振に倒れた筒香。「4番・左翼」で出場した前日の同カードでは、第2打席で移籍後初安打&初打点となる左前適時打を放っていたが、この日は無安打に終わった。速球へのアジャストが待たれる。

◆鈴木誠也や千賀滉大だけじゃない 米専門サイトが将来のMLB挑戦を期待する5選手

【図表】筒香はどれだけ150キロ超え速球を苦手にしていたのか? 過去2年の速球に対しての打率・打席結果一覧

◆筒香嘉智、課題を克服できず“戦力外” データから見た150キロ超え速球への苦手意識

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします