【プロ野球/打のキーマン】ヤクルト・山田哲人、データから見た復調への足がかり 得意の神宮で一発なるか

(C)Getty Images

25日のプロ野球は2年ぶりにセ・パ交流戦が開幕。ロッテマーティンが8回にセットアッパー・岩崎優から逆転の本塁打を放ち阪神に勝利した。また、DeNA宮崎敏郎のホームランなどでオリックスの好投手、山岡泰輔を攻略。中軸のソト佐野恵太にもアーチが飛び出し、12安打10得点で快勝した。

◆「準備が整っていないように見える」燕の巻き返しに欠かせない山田哲人の復活

ここでは打者vs投手の対戦データなどから読み取った「打のキーマン」をピックアップする。

■過去2年の対戦打率.600と好相性

ヤクルト・山田哲人 vs 日本ハム・加藤貴之

18日から25日の試合では、20打数2安打と調子が上がらない山田哲人。本塁打も4月28日の巨人戦以来出ていない。しかし、毎年交流戦では持ち味の長打力を発揮しており、2019年には8本塁打を放ち“交流戦本塁打王”に輝くなど、過去5年間で25本塁打を量産している。

日本ハム・加藤貴之に対しては、2018~19年にかけて5打数3安打を記録。その後、直近2年間では対戦がないものの、好印象のイメージを持っているはずだ。

さらに神宮球場では打率.304と好成績を残しており、チームに交流戦初勝利をもたらすと同時に、自身復調のきっかけとなる一打を放ちたいところだ。各打席の打率を見ると、第2打席が.303、第4打席は.324と中盤から終盤に強い傾向があるだけに、2順目以降の打席に要注目。

21年 未対戦
20年 未対戦
19年 .500 2 1 0 0 1
18年 .667 3 2 0 0 0

◆「準備が整っていないように見える」燕の巻き返しに欠かせない山田哲人の復活

◆コロナ禍の選手離脱でケガの巧妙? ヤクルトで21歳・村上の「チームリーダー化」大加速

◆「山田哲人? 誰だ、そりゃ?」 ドラフトの光と影と超大型契約

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします