【プロ野球/今週の注目打者】新4番のオリックス・杉本裕太郎、バッティングの調子をさらに上げられるか

(C)Getty Images

昨季最下位から目下、首位戦線に加わっているオリックスの新4番打者がプロ6年目の30歳、杉本裕太郎だ。(成績は6月28日時点)

◆【今週の注目打者】助っ人2年目のDeNA・オースティン 打率だけじゃない驚異の数値とは

■好相性チームが続く今週は爆発“間違いなし”

昨季は自己最多の41試合に出場(打率.268、2本塁打、17打点)。飛躍への土台を固めた今季は、開幕戦での「6番ライト」から、7番、5番、4番、3番と様々な打順に座りながらスタメンに定着。

4月下旬からほぼ4番に定着した中で自慢のフルスイングで快音を重ね、6月28日の時点で65試合出場で打率.317(リーグ2 位)、15本塁打(同4位タイ)、47打点(同3位タイ)の好成績を残している。

3番・吉田正尚とともに打線のキーマンになっている杉本だが、今季の対戦相手別の打撃成績を見ると、交流戦16試合で打率.305、2本塁打、15打点を残すとともに、ロッテ戦、西武戦が、ともに打率.353の好相性を誇り、日本ハム戦(打率.333)、ソフトバンク戦(打率.313)も打率3割超え。唯一、楽天戦が打率.250となっている。

迎える今週は、29日から本拠地でロッテ2連戦を戦った後、7月2日から敵地で西武3連戦に挑む。相性を考えると、今週の爆発は“間違いなし”。先を見据えると、来週7月6日からは杉本にとって“鬼門”であり、チームとしては現在同率首位の楽天との3連戦が控えている。

その決戦を前に、得意のロッテ、西武戦でバッティングの調子をさらに上げておきたいところだ。

◆【セ・見どころ】巨人に3連敗でゲーム差2.5の首位・阪神、得意のヤクルト戦で挽回するか

◆【パ・見どころ】同率首位の楽天、SB3連戦で打率.545の茂木栄五郎のバットに期待

◆五輪に臨む侍ジャパン 初戦はドミニカ濃厚 巨人サンチェス、阪神マルテらの参戦あるか

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします