【プロ野球/パ・リーグ】同率首位の楽天、SB3連戦で打率.545の茂木栄五郎のバットに期待

▼パ・リーグ対戦カード

■6/29〜7/1:楽天 vs 日本ハム(楽天生命パーク)
■6/29〜6/30:オリックス vs ロッテ(京セラドーム大阪)
■6/30〜7/1:ソフトバンク vs 西武(北九州、PayPayドーム)

◆【セ・見どころ】首位・阪神、巨人とのゲーム差2.5に迫るも、得意のヤクルト戦で挽回なるか

■勝率5割以上が5チームという珍現象

パ・リーグは楽天オリックスが同率で首位に並び、3.5ゲーム差で3位タイのソフトバンクロッテ西武が追う展開に。

ソフトバンクに3連勝で首位に返り咲いた楽天は、釜田佳直が19年8月以来、698日ぶりに一軍先発のマウンドに上がる。今季イースタンリーグで勝利数(5勝)、防御率(2.23)の2部門でトップの右腕が勝利投手になれば、800日ぶりの白星となる。ソフトバンクとの3連戦で11打数6安打の打率.545、5打点と復調した茂木栄五郎のバットにも注目。

リーグの借金丸抱えとなった日本ハムだが、今季の楽天戦では王柏融が対戦打率.400をマークしている。

オリックスは育成入団から高卒5年目の榊原翼が初戦で先発として今季初登板の予定。バラエティ豊かな先発陣にまた新たな駒が一枚加わるか。

静岡遠征に連勝して勝率5割に戻したロッテは、レアードが今季のオリックス戦で対戦打率.324、2本塁打と相性がいい。

4連敗で貯金0となったソフトバンクは、不振の石川柊太が中継ぎに配置転換となり、東浜巨武田翔太らの実績組に期待がかかる。

平良海馬が連続無失点のプロ野球記録に並んだ西武は、左肩痛から約1週間ぶりに復帰した森友哉が2安打と好調をキープしており、今季のソフトバンク戦は対戦打率.356と打線のキーマンになりそうだ。(成績は6月28日時点)

◆【今週の注目打者】新4番のオリックス・杉本祐太郎、バッティングの調子をさらに上げれるか

◆【今週の注目打者】助っ人2年目のDeNA・オースティン 打率だけじゃない驚異の数値とは

◆五輪に臨む侍ジャパン 初戦はドミニカ濃厚 巨人サンチェス、阪神マルテらの参戦あるか

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします