メッシ、グアルダードの息子に神対応!両選手に賞賛の声

メキシコサッカー代表選手、ホセ・アンドレス・グアルダード・エルナンデス選手(レアル・ベティス所属)の息子、マクシモ君が、彼の憧れであるリオネル・メッシ選手と触れ合う様子が、SNSで話題になっている。

アンドレス・グアルダード選手の妻、サンドラさんによる7月29日の投稿だ。

撮影自体はべティスがホームでバルセロナに0-5と大敗した、今年1月21日のリーガ・エスパニョーラ第20節の対戦後に行われたもの。

試合後にグアルダード選手がメッシ選手のファンであるという自身の息子マクシモ君を連れて、バルセロナの更衣室を訪れた時に撮影されたものだという。

メッシ選手は嫌な顔一つせずに喜んで写真撮影に応じ、優しくマクシモ君に話しかけている。

ユーザーからは、この映像に対してメッシ選手、グアルダード選手の双方に賞賛の声が寄せられている。

「これぞメッシ。そして父親として、グアルダードの子どもに対する態度や、こうした行動ができる謙虚さに感心するよ。ベティスやメキシコの英雄であるにも関わらず、メッシをこうして追いかけて、外で待ち丁寧に話しかけるなんて。すごいよ、このビデオ」

母国の『DeporTV』のフットボール番組とのインタビューで、グアルダード選手はメッシ選手を「僕にとっては史上最高の選手であり、彼と対戦できるのはフットボールが自分に与えてくれた最も美しいことの1つだと思っている。年老いた時に『リオネル・メッシと同じ時代に生きた』と孫に語れるのは誇り高いことだ」と絶賛したこともある。

ちなみに、レアル・ベティスは、日本代表の乾貴士選手が新たに加入したチームだ。

≪関連記事≫

メッシ、巨大な犬にもボールを奪わせない徹底ぶり…飼い犬への同情の声も

ベルギー代表 ルカクってどんな人?私生活や人柄に迫る「牛乳を水で薄めて飲んだ少年時代」

カンテってどんな人?生い立ちや人柄に迫る…ゴミ拾いの仕事からはじまった人生

キリアン・ムバッペ?エムバペ?名前の読み方で大混乱…FIFAの呼び方は?

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします