【プロ野球/パ・リーグ】連勝中の侍先発、オリックス・山本由伸と日本ハム・伊藤大海の活躍に注目

▼パ・リーグ対戦カード

■7/9〜7/11:ソフトバンク vs オリックス(PayPayドーム)
■7/10〜7/11:楽天 vs 西武(楽天生命パーク)
■7/9〜7/11:ロッテ vs 日本ハム(ZOZOマリンスタジアム)

◆【セ・見どころ】伝統の一戦での首位攻防戦、阪神は本拠地で勝ち越し首位ターンなるか

■佐々木朗希は本拠地初勝で2勝利目となるか

2.5ゲーム差で首位の座をキープするオリックスは、4位のソフトバンクと対戦。初戦に先発する山本由伸が自身登板6試合負けなしの5連勝中で、ソフトバンク戦も今季は完封勝利をマークするなど2試合で対戦防御率1.88と好成績を残している。打撃陣では紅林弘太郎が今季のソフトバンク戦で対戦打率.357、PayPayドームでは打率.364と相性がいい。

ソフトバンクはキューバ代表として東京五輪予選に参加していたモイネロが一軍合流の予定。接戦を勝ちきれないチーム状況で絶対的セットアッパーが救世主となるか。打撃陣では松田宣浩がオリ・山本に対して今季、2試合で6打数4安打をマークしている。

5連勝で2位に浮上したロッテは最下位日本ハムと対戦。ロッテは初戦に佐々木朗希が今季5試合目の先発で2勝目を目指す。さらに成長した姿を見せられるか。

自身5連勝中と絶好調で東京五輪代表に追加招集された日本ハムのルーキー・伊藤大海との投げ合いは見応えがありそうだ。

ロッテに3連敗の後、オリックスに2勝1分の楽天は、初戦の先発が予想される涌井秀章がトレード移籍した炭谷銀仁朗とのコンビ復活で6月4日以来となる勝ち星を挙げられるか。

5連敗で借金5となった西武だが、4番に入っている中村剛也が8試合連続安打中と好調だ。連敗を止め、少しでも状態を上向きにして五輪ブレイクを迎えたい。

(成績は7月8日時点)

◆侍選出のルーキーや期待の若手投手も…球界を賑わす道産子プレイヤーの躍進

◆北の剛腕、伊藤大海が侍ジャパンに追加招集 菅野智之の代役に道産子ルーキー抜擢

◆楽天・炭谷銀仁朗が3年ぶりにパ・リーグ復帰、即スタメン起用で救世主となるか

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします