【プロ野球/パ・リーグ】北海道シリーズ2連戦のオリックス 1勝すれば首位ターンが確定

▼パ・リーグ対戦カード

■7/13〜7/14:日本ハム vs オリックス(釧路、帯広)
■7/12〜7/14:ソフトバンク vs 楽天(PayPayドーム)
■7/13〜7/14:西武 vs ロッテ(メットライフドーム)

◆【セ・見どころ】甲子園でDeNAに6年ぶりの3連敗した阪神、リベンジで首位キープとなるか

■五輪ブレイク前の楽天先発陣 vs 侍代表・ギータに注目

首位のオリックスは日本ハムとの北海道シリーズ2連戦。先発が予想される田嶋大樹は登板4試合負けなしの3連勝中でその間の失点は1点のみ、最近2試合はいずれも7回無失点と安定している。打撃陣では宗佑磨が前カードのソフトバンクとの3連戦でいずれも安打を放ち、今季の日本ハム戦では36打数12安打の対戦打率.333、二塁打と三塁打が2本ずつと好成績を残している。

日本ハムは中継ぎの堀瑞輝が登板8試合連続無失点を続けており、同6試合連続ホールド中。オリックス戦も今季は5試合に登板して対戦防御率0.00、4ホールドポイントをマーク。抑えの杉浦稔大は今季のオリックス戦でチーム別で最多の5セーブを記録しており、2人が登板する展開に持ち込みたい。

2位の楽天は則本昂大田中将大岸孝之の先発で五輪ブレイク前の最後の3連戦を締めくくるか。

11日の試合で1試合2本塁打を放つなど、2試合連続本塁打中のソフトバンク・柳田悠岐とパ・リーグを代表する先発陣との対戦は見ものだ。

3位のロッテは今季3勝6敗2分と分の悪い西武と敵地で2連戦。ロッテは一軍初昇格となるドラフト3位ルーキー・小川龍成の俊足に注目。

西武は山川穂高が11日の試合で36打席ぶりの本塁打を含むマルチ安打と復調の兆しを見せている。

(成績は7月11日時点)

◆【パ/注目打者】楽天・岡島豪郎は“左キラー” 驚異の打率4割超え

◆9勝のオリ宮城攻略を導いた“ファーム力” ずばりハマった鷹・工藤監督の狙い

◆盤石の右腕と覚醒した右の大砲が好成績 セイバー指標で選ぶパ月間MVPは?

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします