【MLB】月間MVP受賞の大谷翔平、レンジャーズ戦「2番DH」 3本差接近のゲレーロJr.を突き放す38号に期待

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は2日(日本時間3日)、敵地でのテキサス・レンジャーズ戦に「2番DH」でスタメン出場する。

試合前には7月の月間MVPが発表され、ア・リーグでは2カ月連続で大谷が受賞した。7月は23試合に出場し、打率.282、9本塁打、19打点、4盗塁、OPS1.067とした大谷。投手としては3試合登板で、2勝0敗、防御率1.35、17奪三振、WHIP0.70の成績を残した。

2度の月間MVP受賞は日本人選手としては野茂英雄伊良部秀輝に並び、2カ月連続の受賞は初の快挙。

◆【速報】イチローや松井秀喜も成し得なかった「2カ月連続受賞」 大谷翔平が月間MVPを受賞した6つの評価ポイントとは

■ゲレーロJr.が今季34号で3本差に接近

前日のオークランド・アスレチック戦では4打数無安打に終わり、メジャー初となる1試合2併殺打を喫した大谷。

現在、5試合連続の快音なしで37本塁打の大谷に対し、2位のブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)が2日(同3日)のインディアンス戦で3試合ぶり34号2ランを放った。この時点でゲレーロJr.に本塁打で3本差に迫られ、打点は3点差に広げられている。

レンジャーズ戦には今季7試合に出場し、24打数6安打で、2本塁打。4月21日(同22日)には日米通算100号のメモリアルとなる5号ソロ、5月25日(同26日)には球団史上最速の打球速度117マイル(約188キロ)を計測した15号3ランを放っている。6試合ぶりの38号が出るか注目だ。

試合情報

レンジャーズ-エンゼルス
試合開始:日本時間8月3日(火)9:05
中継情報:AbemaTV、スカパー! Jsports

◆新加入が大谷翔平を狙い通りの併殺、敵将もうまく行き過ぎてビックリ

◆大谷翔平、決勝タイムリーでア軍に完封返し 「あの場面で誰を打席に送りたいか、オオタニだ」

◆大谷翔平、夢の60発達成へのカギは「トラウタニ」再結成 待たれる現役最強打者の復帰

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします