【レパードS/穴馬アナライズ】条件が揃ったロードシュトローム 好枠を生かし「いざ逆襲」へ

■ロードシュトローム

前走のジャパンダートダービーでは6着だったロードシュトローム。2番手から手応えよく直線を迎えたが、最後は脚色が一杯になってしまったようにやや距離が長かったか。1F短縮され、勝ち鞍もある1800m戦で逆襲を狙う。

◆【エルムS2021予想/追い切りジャッジ】前走大敗の伏兵馬に「S」評価 圧巻の追い切りで「本領発揮」か

中2週の臨戦とあって気になるのは体調だが、最終追い切りで数字以上のスピード感で坂路を駆け上がった。デキは高いレベルで維持してると見ていい。

過去10年のレパードSでは4枠が好成績を収めており、最多となる3頭の勝ち馬を輩出。2着も多く、最も馬券に絡んでいる枠と言える。好枠を生かして波乱を巻き起こすか。

◆【レパードS2021予想/データ攻略】3歳ダート重賞は今年も波乱に期待 使者となるのは「夏男」騎乗の伏兵馬

◆【レパードS2021予想/穴馬アナライズ】前日10番人気前後の穴馬 ダートの素質開花で上位に食い込めるか

◆【レパードS2021予想/穴馬アナライズ】前日オッズ15倍前後の伏兵馬 主導権を握り波乱の使者となる

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾ーエルムS編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
アスリートの素顔を伝えるメディア『SPREAD』の編集長。旅行・アウトドア雑誌のライターを経て、競馬月刊誌「UMAJIN」の編集長として競馬業界へ。その後、Neo Sports社にて、「B.LEAGUE」「PGA」「RIZIN」等のスポーツ×ゲーミフィケーション事業に携わり、現在に至る。競馬は、1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします