楽天・藤平尚真、敗れた母校・横浜高校にメッセージ「皆んなめっちゃカッコよかったぞ」

8月17日に第100回全国高校野球選手権大会13日目が行われた。

南神奈川の横浜は秋田の金足農業と対戦し、終盤までリードする展開も八回に逆転3ランを被弾して4-5で敗れた。

横浜高校OBの藤平尚真投手(楽天)がツイッターを更新して、20年ぶりの夏制覇を逃した後輩にメッセージを送った。

選手たちを労い、今後の人生にエール

金足農の吉田輝星投手から初回に2点を先制した横浜は、同点に追いつかれたあとも六回、七回に1点ずつ加え2点リードで終盤を迎えた。

だが八回に1アウト一、二塁から高橋佑輔選手に3ラン本塁打を浴びて逆転されると、九回の攻撃で取り返すことができず敗れた。

「横浜高校!お疲れ様です」と更新した藤平投手は、精いっぱい戦った後輩たちに「皆んなめっちゃカッコよかったぞ」と声をかける。

甲子園に出場する球児たちでもプロに進むのはごくわずか。大学、社会人に進んで野球を続ける選手も限られる。少なくない選手が一生のうちに何かを懸けて、本気でプレーする野球は甲子園が最後になる。

そうした選手たちのことも思いながら藤平投手は「野球続ける人も、違う道に進む人も高校野球を生かして頑張って」と今後の人生を応援した。

≪関連記事≫

2018プロ野球ドラフト会議直前!注目選手と各球団の動向、ファンの反応は?

楽天・藤平尚真、甲子園観戦で恩師の声にそわそわ「自分に言われてるようで…」

【甲子園】横浜高校OB増田珠、花咲徳栄の粘りに「心臓が飛び出ちゃうくらいドキドキ」

【甲子園】公立校の金足農が横浜撃破!秋田朝日放送も日本語を忘れて興奮「アアアアア!!!!」

【甲子園】浦和学院・渡邉勇太朗は何でエースナンバーじゃないの?…”背番号11″を着けるまで

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします