【プロ野球/今週の注目打者】チームを引っ張るロッテ・荻野貴司 マジック点灯ヘの活躍に期待

リーグ制覇へ向けて優勝マジック点灯の可能性がある今週のロッテ。9月に入って10勝3敗3分の快進撃を続けているが、その好調なチームを引っ張っているのが1番打者に座る荻野貴司だ。

◆【今週の注目打者】「4番・岡本和真」の真価が問われる正念場、首位阪神猛追へ爆発なるか

■左右別打席データから見えること

プロ12年目の35歳になるが、開幕から安定した働きを続け、5月に月間打率.333(93打数31安打)をマークすると、その後もリードオフマンとしてチームに貢献。そして先週6試合で打率.350(20打数7安打)で、9月の月間打率.323(62打数20安打)と再び調子を上げて打線を牽引している。

スイッチヒッターでもある荻野だが、その成績の中で注目されるポイントの一つに、対戦投手の左右別の成績がある。今季の荻野は対右投手(左打席)で打率.289をマーク。7本塁打とパンチ力を発揮している。

その一方で、対左投手(右打席)では打率.358と高い確率でヒットを放ってチャンスメーク。特に今季大ブレイクの宮城大弥(オリックス)には12打数5安打の打率.417というキラーぶり。

今週の相手はソフトバンク西武。両チームとも右投手が多い中、荻野がどのような働きをするのか。

左打席と右打席で異なる“”を見せる35歳のバッティングに注目だ。

(成績は9月20日時点)

◆【セ・見どころ】首位を狙うヤクルトは敵地にて好調DeNAと3連戦  打率トップ・桑原の打席に注目

◆DeNAは“9月だけなら首位” 開幕のどん底から一転…三浦監督が語る急浮上の要因

◆広島・菊池涼ついに陥落か…セの「GG賞」は波乱? データで予想する“最有力候補”

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします