【MLB】大谷翔平、来季も「二刀流ローテ」継続 マドン監督が主流の中4日登板を否定

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

レギュラーシーズンも大詰めを迎えたメジャー。オフに向けた話題が出始める中、ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手について、マドン監督が来季の起用法を言及。「二刀流」続行のためには今季同様、登板間隔は中6日ほど必要との認識を示した。

◆大谷翔平、特大45号でMVP当確か マドン監督「他の選手は2位か3位か4位」

■米紙「エースとしての量は期待できない」

ジョー・マドン監督は21日(日本時間22日)、ヒューストン・アストロズ戦の試合前会見に臨み、来季の「二刀流」について見解を示した。米地元紙「オレンジカウンティレジスター」が、その様子を掲載している。

同紙は「エンゼルスは2022年、ショウヘイ・オオタニをもっと頻繁に登板させることができるだろうか?」という見出しで記事を掲載。それによれば、報道陣から「来季は中4日で登板か」と問われたマドン監督は首を振り、「それは現実的ではない」と否定。

今季以上に仕事量を増やすことは、「二刀流」のパフォーマンを維持するためには難しいとし、疲労などを考慮すれば、「これまで同様に中5~6日、もしくはそれ以上の休養日が必要だろう」と述べ、「それが私の考えだ」と締めくくった。

マドン監督のコメントを受けて、記事も「ショウヘイ・オオタニはエースとしての質をチームに提供してきたが、量を提供することは期待できない」と記した。「二刀流」を続ける以上、メジャーで主流となっている中4日での登板は難しいと判断した指揮官。大谷は来季も今季同様のペースで試合に臨むことになるだろう。

◆大谷翔平、45号でエンゼルスの本塁打記録2位タイに浮上 現地アナリストも「最高のシーズンを更新し続けている」

◆大谷翔平、10戦ぶり45号は打球速度187キロの完璧弾 ゲレーロ、ペレスに1本差

◆大谷翔平、復調予感の大飛球 MLB公式のMVP予想は「ゲレーロJr.がオオタニを超えることはない」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします