【オールカマー/穴馬アナライズ】波乱の使者は中山適性の高い伏兵馬 アクシデント後も「うまく立て直された」

■ステイフーリッシュ

好メンバーが揃った今年の札幌記念では、心房細動で競走中止となったステイフーリッシュ。当時の穴馬アナライズでも取り上げていただけに、何とも残念な結果となってしまった。

◆【オールカマー2021予想/穴馬アナライズ】前日5番人気前後の前走惨敗馬 枠順を味方に「好配当」なるか

アクシデントの予後が気になるところだが、今月頭から乗り込みを再開。22日にコースで行われた最終追い切りは長めからスタートし、パワフルな走りを見せていた。尾を引くことなく、うまく立て直されたようだ。

昨年のオールカマーでは3着、同じく2020年のAJCCで2着など、勝ち鞍こそないものの中山芝2200mの適性の高さは証明済み。GIIレベルであれば安定して上位争いに加わってくるだけに、必ずマークはしておきたい。

◆【オールカマー2021予想/穴馬アナライズ】復活を期する実績馬 前走から条件が好転で「圏内争い」なるか

◆【オールカマー2021予想/危険な人気馬】“ターボエンジン全開”の逃げで波乱も 秋競馬を占う一戦で「買うべきではない」一頭とは

◆【オールカマー2021予想/追い切りジャッジ】レイパパレに「B」の辛口評価  先を見据えるも「手応えは見劣っていた」

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾ー神戸新聞杯編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
アスリートの素顔を伝えるメディア『SPREAD』の編集長。旅行・アウトドア雑誌のライターを経て、競馬月刊誌「UMAJIN」の編集長として競馬業界へ。その後、Neo Sports社にて、「B.LEAGUE」「PGA」「RIZIN」等のスポーツ×ゲーミフィケーション事業に携わり、現在に至る。競馬は、1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします