乾貴士、ホアキンとドラえもんとの3ショットでダービー勝利を喜ぶ

レアル・ベティスMFの乾貴士選手がインスタグラムを更新し、セビージャとのダービーマッチ勝利を喜んだ。

べティス加入後、初のダービー戦を先発フル出場し勝利を飾る

今季からベティスに加入した乾選手は初のダービーで先発フル出場。試合は0-0で迎えた後半35分にホアキン・サンチェス選手のゴールが飛び出し、ベティスが1-0の勝利を収めた。

試合後にロッカールームからインスタグラムを更新した乾選手は、決勝ゴールのホアキン選手と肩を組み「ダービー勝ったー!!マジサイコー!!」と勝利を喜ぶ。

「初のセビージャダービー。とにかく雰囲気が凄い!この経験が出来たのはほんまによかった」


また、37歳にしてリーガ・エスパニョーラで活躍を続けるホアキン選手について、乾選手は「それにしても、ホアキンさんはほんまに凄い!!さすがです!リスペクトしかない!!」と絶賛していた。

今季のベティスにはドラえもんが帯同

ロッカールームで撮影された写真には、乾選手とホアキン選手に加えて見慣れたキャラクターが写っている。ドラえもんのぬいぐるみだ。

南欧諸国では1980年代から日本製のアニメを買い付け、現地の言葉に吹き替えて放送されている。自分たちで一から子ども向け番組を作る手間がかからず、放映権料も安かったため、日本アニメは南欧へ数多く輸入された。

特に、スペインでは早くから日本のアニメを放送しており、多くのサッカー選手が影響を公言する『キャプテン翼』のほかにも『ドラゴンボール』や『ドラえもん』が人気を得た。

過去の投稿では新加入選手の洗礼として乾選手が『ドラえもん』の主題歌を熱唱し、チームメイトたちから拍手を受ける動画がアップされている。ドラえもんはスペインでも愛らしい人気者として活躍しているのだ。

また、ベティスの公式ツイッターは乾選手とホアキン選手、そしてドラえもんの3ショットを公開して「君は今夏ずっとチームに帯同しているね。このような夜を見逃すことはできない。おめでとう、ドラえもん。この勝利は君のためでもある」と投稿している。

試合翌日の9月3日はドラえもんの誕生日。スペシャルサポーターに、ダービーマッチの勝利を捧げた。

《関連記事》

乾貴士が『ドラえもん』を熱唱…新天地で早くもチームに溶け込む

フェルナンド・トーレス、サッカーを始めた原点は『キャプテン翼』…作者・高橋陽一さんからのイラストに感激

『キャプテン翼』作者・高橋陽一先生がTwitterアカウントを開設!イニエスタとの2ショットも公開

レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします