大坂なおみを称える声、テニス界以外からも続々…柏木陽介は試合後のスピーチに感動

女子テニスの大坂なおみ選手が男女を通じて日本初となる4大大会シングルス優勝を成し遂げた。日本人のグランドスラム初挑戦から102年目の偉業達成。歴史的勝利に世界が湧いた。

決勝では、憧れの存在と口にしてきたセリーナ・ウィリアムズ選手と対戦。地元の大声援を受けた元女王に6-2、6-4で完勝している。

この快挙を男子テニスの錦織圭選手も祝福。試合直後にはツイッターで日本の国旗や優勝トロフィーの絵文字を連打して称賛と喜びの声を表している。また、日本にグランドスラム優勝をもたらした大坂選手を「#proud」と称えた。

全米オープン優勝を果たした大坂選手には、テニス界以外からも続々と祝福の声が寄せられている。

野球では、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大選手がコメント。大坂選手の優勝を伝える大会公式ツイッターの投稿に万歳の絵文字を連打し、日本人テニス界の悲願成就を喜んだ。

男子バスケットボールの佐藤浩貴選手も、大坂選手が成し遂げた歴史的快挙に触れた。「子供たちにも夢を与え、テニスを志す人が更に増える」素晴らしいニュースとコメントし、テニス人気の拡大にも繋がるのではと期待する。

サッカーでは浦和レッズの柏木陽介選手がインスタグラムを更新して、大坂選手の全米制覇を「おめでとうございます。ほんまに凄い」と称えた。

さらに、柏木選手は試合後に見せた大坂選手の人柄やコメントも素晴らしかったと絶賛する。

決勝の試合会場では、セリーナ選手の復活優勝を期待する観客から、大きなブーイングが起こった。荒れ模様の一戦を制した大坂選手は、試合後の優勝者インタビューで異例のコメントを口にした。

「みんな彼女(セリーナ選手)を応援していたのを知っています。こんな終わり方ですみません。ただ、試合を見てくれてありがとうございます。本当にありがとう」

涙声で謝罪しながらも観客に謝意を伝える大坂選手の姿は見る者の胸を打ち、スタンドからのブーイングは勝者を称える歓声に変わった。会場の空気を変えた大坂選手のインタビューに、柏木選手も「最後のスピーチ感動しました」と感銘を受けた様子だ。

全米オープンの優勝により、世界ランクは自己最高の7位に上がった。シーズン最終戦への出場をかけたレース・トゥ・シンガポールでも4位に浮上しており、WTAツアーファイナルズでの活躍にも期待がかかる。

《関連記事》

大坂なおみ、荒れた試合を乗り越え全米オープン優勝!「なおみちゃん可哀想」の声も

大坂なおみ、全米オープン優勝も試合後にバナナをパクリ…ネット上では「かわいい」「大物」

大坂なおみが憧れる、セリーナ・ウィリアムズの「圧倒的ラスボス感」がすごい

松岡修造が大坂なおみにインタビューする様子がカオス

スピーチも絶賛された大坂なおみ、素顔は内気で漫画好きな一面も

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします