【格闘技】那須川天心、大晦日は憧れの五味隆典と“異次元マッチ”「まさかRIZINでPRIDEを体験できるとは」

(C)RIZIN FF

12月31日にさいたまスーパーアリーナで開催される「Yogibo presents RIZIN.33」の記者会見が25日、都内で行われ、追加対戦カードとして「那須川天心vs.五味隆典」が発表された。試合は3分2Rのスタンディングバウトスペシャルルール(エキシビション、判定なし)で行われる。なお、「RIZIN.33」はこれで大会全カードが確定した。

◆那須川天心vs.武尊、両者が吐露した意地と感謝 6年越しで動き出した“世紀の一戦”

【格闘技/RIZIN.33】那須川天心、ラストマッチは五味と壮絶な打ち合い 大粒の涙で卒業「ずっとRIZINが大好きで…」

【格闘技/RIZIN.33】12月31日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

■榊原CEOは吉成名高に“苦言”

那須川は前日24日に行われた「那須川天心vs.武尊」の記者会見でも「RIZIN.33」出場を明言していたが、ついに詳細が発表された。

火の玉ボーイの異名も持つ五味は昨年大晦日「RIZIN.26」以来となる参戦。昨年は皇治との激しい打ち合いを繰り広げ、2-0で判定勝ちをマークした。43歳を迎えながらも未だ闘志は衰えず、直近では自身のTwitterでRIZINライト級王者であるホベルト・サトシ・ソウザとの対戦に興味を持っているとつづっていた。

会見冒頭、榊原信行CEOは“天心ラストマッチ”の経緯について、吉成名高に1年前からオファーしていたと告白。しかし、今月10日過ぎに吉成サイドから「悩みに悩んで受けられません」と回答があり実現とはならず。榊原CEOは吉成について「手のひらに乗せられたチャンスをその場でつかめなければ、スターなんかにはなれない。本当に残念」と厳しい表情で語った。

その後、那須川サイドからリスペクトなども含めて五味との対戦が希望され、急転直下でのカード決定となった。五味自身も「なんでここにいるかわからないくらい」と語りながら、エキシビションに向けて前向きな姿勢を見せた。

「できる限り一生懸命練習してる。短い期間ですが体重もしぼっている。どんな選手でも大晦日のリングに立ちたいという思いがあるはずなので、エキシビションという機会であっても立てる機会があれば立ちたい」。

【格闘技/RIZIN.33】12月31日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

■「ハートにくる選手じゃないと意味がない」

RIZINでのラストマッチに向けて、那須川や榊原CEOがともに強調したのが、「思いを持って向き合える選手、ハートにくる選手じゃないと意味がない」という点だ。

自身とは20歳という年齢差がある五味について那須川は「(他の候補に)オファーしても断られてしまう。ちょっと悲しくもなったが、そういった時に五味さんがオファーを受けてくださって、五味さんとなら最高の引退(試合)ができる。まさかRIZINでPRIDEを体験できるとは思っていなかったので、非常に興奮している」と敬意とともに決意表明を行った。

年齢差だけでなく、体重差も圧倒的にある両者だが、今回はエキシビションということもあり、契約体重はある程度度外視した“異次元マッチ”になるという。那須川はこの点について、「怖く無いと言えばうそになるけど……楽しみな部分のほうが大きい。あまり考えてない」と語った。

会見後半には、「失敗と思わなければ失敗じゃない。(若い選手には)攻め続けてほしいなと思っている。何かに飛び込まないと賛否も生まれない」と前を見据えた那須川。数多の挑戦をしてきたRIZINに最高のかたちで別れを告げるべく、憧れのベテランファイターとのラストマッチに臨む。

【格闘技/RIZIN.33】那須川天心、ラストマッチは五味と壮絶な打ち合い 大粒の涙で卒業「ずっとRIZINが大好きで…」

【格闘技/RIZIN.33】12月31日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

◆那須川天心vs.武尊、両者が吐露した意地と感謝 6年越しで動き出した“世紀の一戦”

◆「ここから日本の格闘技界は変わります」 ついに実現する那須川天心vs.武尊、両者がSNSで決意表明

◆20歳・吉成名高、3度のダウンを奪いRIZIN無傷4連勝 熱望された那須川天心との“神童対決”

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします