【ダカール・ラリー】3日目ステージ2 WRC絶対王者セバスチャン・ローブが最速タイム トヨタのナッサー・アルアティヤが総合首位を堅持

ステージ2で首位となったセバスチャン・ローブの211号車 (C)A.S.O./J.Delfosse/DPPI

FIA世界ラリーレイド選手権W2RC)開幕戦、「ダカール・ラリー2022」は3日、ループ・コースのステージ1Bで競ったハイルを後にし、アル・アルタウィヤを目指した。このステージ2では世界ラリー選手権WRC)において9度のチャンピオンを獲得したセバスチャン・ローブが「絶対王者」と呼ばれた速さを発揮、3時間25分で走破し、最速タイムをマーク。3分28秒遅れてTOYOTA GAZOO RacingTGR)のナッサー・アルアティアが2位でフィニッシュ、総合では首位を堅持した。

◆【ダカール・ラリー/2日目プレーバック】トヨタのナッサー・アルアティヤが2日目のステージ1Bを首位でフィニッシュ 2022年世界ラリーレイド選手権初戦

■スタートからノートラブルで首位キープ

BRXハンターT1+を駆るローブは初日のステージ1Aでは5位、2日のステージ1Bでは2位とやや出遅れ気味だったものの、本格的なラリーレイドとなった3日の338km(総合走行距離は791km)でWRC王者らしい速さを存分に見せつけ、スタートからフィニッシュまでノートラブルで首位キープ。2019年以来となるステージ1位を決めた。

TGRのアルアティヤは一発の速さではローブに譲ったものの「砂漠の王」と呼ばれる堅実な走りで、しっかりフィニッシュ。総合では6時間59分21秒で、ローブに9分16秒差とわずかながらマージンを守っている。

前日、大きなトラブルに見舞われたアウディはこの日、復活を見せ、カルロス・サインツ・シニアがトップから5分52秒差の3位に、前年度の覇者ステファン・ペテランセルも4位につけた。ペテランセルはステージ1Bでゴールできなかったため16時間のペナルティを背負っての戦いとなるが、今後どこまで追い上げを見せるかも、ラリーレイドの醍醐味だ。

ステージ2結果(3日目)

1. SEBASTIEN LOEB/FABIAN LURQUIN (BAHRAIN RAID XTREME) 3h 25m00s

2. NASSER AL-ATTIYAH/MATTHIEU BAUMEL (TOYOTA GAZOO RACING) + 3m28s

3. CARLOS SAINZ/ LUCAS CRUZ (TEAM AUDI SPORT) + 5m52s

4. STÉPHANE PETERHANSEL/ EDOUARD BOULANGER (TEAM AUDI SPORT) + 7m56s

5. NANI ROMA/ALEX HARO BRAVO (BAHRAIN RAID XTREME) + 08m02s

◆2022年世界ラリーレイド選手権初開催 トヨタは3年ぶりのダカール・ラリー奪還を誓う

◆TOYOTA GAZOO Racing、エースのナッサー・アルアティヤを筆頭に4台体制でダカールラリー2022参戦を発表 「T1+」クラスに新型投入

◆「世界一過酷」な大砂漠のレース、その光と影 ダカールラリー2021を振り返って

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします