【フェアリーS/穴ライズ】キャリア1戦組では“上位”評価 「テンよし、中よし、終いよし」

3歳牝馬限定のフェアリーSは、過去10年で1番人気が【1-1-0-8】。昨年も1番人気のテンハッピーローズは4着に敗れ、3→8→6番人気の決着で3連単は12万220円を記録した。

波乱を演出しているのが、前走・未勝利または新馬組で、昨年は上位3着まで独占。今年は未勝利組が5頭、新馬組も5頭と該当馬が多く、レース内容の見極めが「穴馬」発掘のポイントとなる。

◆【フェアリーステークス2022予想/穴馬アナライズVol.3】余裕残しで前走“完勝” レースぶりから中山マイルはドンピシャ

■エバーシャドネー

阪神芝1600mのデビュー戦は好位で流れに乗り、直線で鮮やかに差し切りV。2着に負かしたマテンロウオリオンが次走・1勝クラスの特別戦で勝ち上がり、メンバーレベルの高さがうかがえ、3着以下は2馬身差以上と離している。

前走は「テンよし、中よし、終いよし」のレース内容で、完成度とレースセンスの高さから小回りの中山コース替わりも不問と見る。450キロ台の馬だが走りは力強く、冬枯れの中山芝にもマッチしそうだ。

シンザン記念に出走するマテンロウオリオンの結果次第でオッズは下がるかもしれないが、キャリア1戦組の中では上位の評価に値する馬。重い印を打つべき1頭としてプッシュしたい。

◆【フェアリーステークス2022予想/穴馬アナライズVol.1】想定オッズ“20倍”前後の盲点 中山コース替わりは好材料

◆【シンザン記念20222予想/データ攻略-後編】「血統×戦法」の組み合わせで浮上する穴馬、単勝回収率「661%」で波乱を巻き起こす

◆【シンザン記念2022/脚質傾向】上がり最速馬が好調も、中京マイルで浮上する「上がり3位馬」の好走で波乱

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-シンザン記念編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。会心の的中はキセキが制した2017年菊花賞の3連単55万9700円。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします