【三菱ラリーアート正史】第2回 世界最強のラリー軍団が時代をつくる

筆者所蔵のレーシングスーツ GALANTロゴワッペンつき(筆者提供)

ラリーアートに待望の浮揚のときが訪れる。

世界ラリー選手権WRC)のグループA化 (当時の規定で5,000台の市販義務と市販状態の外観の維持)により、1987年10月にモデルチェンジした新型ギャランのトップグレード、4WDターボのVR-4 (E39A)によるラリー復帰が発表されたのだ。

◆ 【三菱ラリーアート正史】第1回 ブランドの復活宣言から、その黎明期を振り返る

■一世を風靡したギャランVR-4

ドイツのアウトバーンを意識したという高速移動の操縦安定性確保のための2リッター4WDターボが、同年からWRCのトップカテゴリーとなったグループA規定にマッチした。新型ギャランの開発スタートは83年、つまりラリーマシンをランサーEXターボからスタリオン4WDラリーにスイッチした年だと言うから、確かにWRCを意識した装備ではなかったのだろう。
 
それまでのランサーEXターボ、スタリオン4WDともに、どちらかと言えば時代が先に進んでしまっていたのに対し、このときは時代こそが三菱へと流れてきたと言える。

87 GALANT(C)三菱自動車

ラリーアート・ヨーロッパRAE)によるワークス活動は88年WRC終盤からの参戦に向けてアリ・バタネンをドライバーに始動し、日本ではヨーロッパに先立ちパリダカでも活躍を始めた社員の篠塚建次郎氏が、創設されたばかりのアジア・パシフィックラリー選手権(APRC)にシリーズ参戦した。そして、篠塚氏は初代チャンピオンに輝いた。

日本国内のラリーでも有力チームの多くがギャランVR-4を投入し、「ギャランに勝てるのはギャラン」という状況となった。もちろんライバルメーカーも黙っているはずはなく、スバルは「レガシィRS」、日産は「パルサーGTi-R」を投入する。三菱も対抗すべく短いサイクルでギャランVR-4を改良し、この手法は後にランサーエボリューションに引き継がれた。

一方RAEから88年のWRC最終戦RACラリー (現ラリー・グレートブリテン)より投入されたワークスギャランは、デビューこそリタイヤと苦いスタートとなったが、翌89年には1000湖ラリー (現ラリー・フィンランド) でスポット起用のミカエル・エリクソンのドライブで優勝、最終戦のRACラリーでも同じくペンティ・アイリッカラのドライブで優勝を獲得した。

その後のWRCではシーズンを通してフル参戦とはならなかったこともあり、シリーズチャンピオンを狙う他のワークスチームがスキップするマニュファクチャラー・ポンイトの対象外ラリーでの優勝を得るにとどまった。しかしギャランでWRCの戦い方を学んだ三菱自動車が、やがてランサー・エボリューションで大きな栄冠を得たことは多くの人の記憶に残っているだろう。

特にトミ・マキネンによる4連覇は、のちにセバスチャン・ローブに破られるまで、WRC史上初の偉業だった。

ランサー・エボリューションⅢ (筆者提供)

★ランサー・エボリューションの主戦績

1996~99年 WRCドライバーズ・チャンピオン4連覇(トミ・マキネン)
1998年 WRCマニュファクチャラー・チャンピオン獲得
1999~2001年 WRCグループN (市販車ベース)クラス28連勝


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします