【スプリングS&阪神大賞典/騎手データ】条件合致で“勝率75%”に上昇 ダブルGII戦で注目すべき人馬とは

3日間競馬の中日となる20日は中山競馬場で皐月賞のトライアル重賞・スプリングS(GII、芝1800m)が行われ、阪神競馬場では今後の天皇賞・春に繋がる阪神大賞典(GII、芝3000m)が行われます。両重賞とも近年は施行条件に変更がないことから、過去データを素直に活用することができますね。

今回は2011年の阪神開催を除く2000年以降のスプリングS過去データ、2000年以降の阪神大賞典の過去データを元に、両重賞の気になる騎手データを見ていきます。

◆【スプリングステークス2022予想/データ攻略-前編】ソリタリオとアライバルに明暗、人気馬に降りかかる「0%」とは

【スプリングS/データ攻略-前編】ソリタリオとアライバルに明暗、人気馬に降りかかる「0%」とは

■スプリングSはM.デムーロ騎手の高勝率に注目

今年のスプリングSに騎乗する騎手の中で過去騎乗経験があるのは12名。各騎手の騎手データは次の通りです。

[2000年以降]スプリングSの騎手別成績(2011年の阪神開催を除く)

表から一目瞭然ですが、人気以上の好走を過去記録しているのは戸崎圭太騎手など2騎手のみ。また、連対率の高い騎手、低い騎手が綺麗に分かれることから、人気に比べて多少の着順の落ち込みは目を瞑るべき重賞かもしれません。

今回は連対率を重視し、騎手を取り上げていきます。まず真っ先に取り上げるの42.9%と高い勝率(連対率)を誇るM.デムーロ騎手です。

今回の騎乗騎手の中で最多となる3勝を誇り、2003年のネオユニヴァース(2人気1着)、2012年のグランデッツァ(3人気1着)、2014年のロサギガンティア(3人気1着)と1番人気以外の馬を勝たせているのが強み。近3回は人気以下の成績に終わっていますが、ここの勝たせ方を熟知している騎手と言えます。

ちなみに【M.デムーロ騎手】×【前走4角5番手以内の馬】の組み合わせは過去【3-0-0-1】と勝率(連対率)が75.0%にまで上昇。M.デムーロ騎手は今年のスプリングSでオウケンボルト(牡3、美浦・土田稔厩舎)に騎乗予定ですが、同馬の前走4角順位は「2番手」ですから、データ上は熱い組み合わせに該当します。

◆【スプリングステークス2022予想/追い切り診断】最高評価「S」で“初モノ”の不安一掃 「課題をあっさり克服しそう」

【スプリングS/追い切り診断】最高評価「S」で“初モノ”の不安一掃 「課題をあっさり克服しそう」

■武豊騎手は2、3着候補として考えたい

続いて今年は藤田晋オーナーのドーブネ(牡3、栗東・武幸四郎厩舎)に跨る武豊騎手のデータを見ていきましょう。勝利を積み重ねた弥生賞と比べると、勝ち切れない傾向が出ているものの、複勝率66.7%という数値は立派です。

2005年には7番人気のトップガンジョーを3着に導いていますから、人気薄に騎乗しても侮れない騎手ですね。ただし、ここまで3着が多いと今回も2、3着候補として考えた方がいいかもしれません。

◆【阪神大賞典2022予想/穴馬アナライズVol.3】単勝“下位人気”の爆穴 「秘めたポテンシャルは高い」

【阪神大賞典/穴ライズ】単勝“下位人気”の爆穴 「秘めたポテンシャルは高い」

■C.ルメール騎手、岩田康誠騎手、福永祐一騎手は人気次第

そして騎乗数は少なめながら有力馬に跨ることが多いC.ルメール騎手、岩田康誠騎手、福永祐一騎手の3騎手について見て行きましょう。3騎手については極論になってしまいますが、1番人気なら買いです。

それぞれの1番人気時の成績は、C.ルメール騎手は【1-0-0-0】、岩田康誠騎手は【1-1-0-0】、福永祐一騎手は【0-2-0-0】ですから、当日1番人気に推されるかがカギですね。

なお、前日オッズを見るとC.ルメール騎手が跨るアライバル(牡3、美浦・栗田徹厩舎)が1番人気ですから、この人気が続くようなら軸候補として考えてみてください。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします