【スプリングS/追い切り診断】最高評価「S」で“初モノ”の不安一掃 「課題をあっさり克服しそう」

■ソリタリオ

【中間調整】2走前、昇級初戦だったこうやまき賞を快勝し1勝クラスを一発でクリア。そこから中4週で挑んだ前走・シンザン記念では巧く乗られたマテンロウオリオンにクビ差の2着と迫り、まだ底を見せていない。ここまでマイル戦オンリーで使われてきたが、前走時の鞍上C.デムーロ騎手の進言もあり今回は1800mの重賞に挑戦。ノーザンファームしがらきでのケアがことのほか順調だったようで、初時計だった2月23日のウッド追いでさっそく6Fからの時計という、なかなかの内容を消化した。翌24日に坂路ラスト2F12秒8-12秒1(馬なり)と切れており、リフレッシュ効果はてきめんといったところだ。1週前は坂路4F52秒0-1F12秒1(一杯)をマーク。終い重点だった点に加え、馬場が荒れた時間帯だったことを考えれば抜群の数字と言える。

◆【スプリングステークス2022予想/追い切り診断】アサヒを上回る高評価は想定10人気 ソエ解消で「素晴らしい気迫」

【スプリングS/追い切り診断】アサヒを上回る高評価は想定10人気 ソエ解消で「素晴らしい気迫」

【最終追い切り】1週前の時点で心肺機能はほぼ仕上がっており、最終追いは坂路単走で、初コンビを結成する横山武騎手が反応を確認するのに主眼を置いた内容だった。序盤は緩く入ったため若干力んだが許容範囲。鞍上が見せムチでゴーサインを出すと“待ってました”の反応で一気に弾け、ラスト1F11秒7(強め)と秀逸な切れを見せた。

【見解】中間は攻めを強化されており、ひと息置いたリフレッシュ効果はかなり大きそうだ。動きや気迫面は明らかにレベルアップし、パンと張った馬体面からしても体調の良さを感じる。今週の追い切りで鞍上がしっかり掌握したようなのも大きい。初の距離、初の右回り、初のコーナー4つとクリアすべき課題は多いが、このデキならあっさり克服してしまいそうな雰囲気が漂う。

総合評価「S」

◆【スプリングステークス2022予想/追い切り診断】上位人気に辛口「B」 動きはダイナミックも「鋭さが伴っていない」

【スプリングS/追い切り診断】上位人気に辛口「B」 動きはダイナミックも「鋭さが伴っていない」

◆【スプリングステークス2022予想/追い切り診断】人気の一角に「A」評価 前走から一転「今回は意欲的な調整」

【スプリングS/追い切り診断】人気の一角に「A」評価 前走から一転「今回は意欲的な調整」

スプリングステークス&阪神大賞典2022予想コラム一覧

スプリングステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】最高評価「S」で“初モノ”の不安一掃 「課題をあっさり克服しそう」

◆【A評価】アサヒを上回る高評価は想定10人気 ソエ解消で「素晴らしい気迫」

◆【A評価】人気の一角に「A」評価 前走から一転「今回は意欲的な調整」

◆【B評価】上位人気に辛口「B」 動きはダイナミックも「鋭さが伴っていない」

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬】重賞好走の上位人気は“消し”評価 「得意の展開にはならず」

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で“勝率75%”に上昇 ダブルGII戦で注目すべき人馬とは

◆【データ攻略-前編】ソリタリオとアライバルに明暗、人気馬に降りかかる「0%」とは

◆【データ攻略-後編】“5億円ホース”ドーブネの巻き返しなるか 距離の壁を超える追い風とは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】複勝率トップの良枠にアライバルが入る アサヒは6枠8番に

◆【脚質傾向】差して好走の人気馬に不安材料 今年も「前残り」に注意

◆【前走ローテ】上位人気アサヒに警鐘 「共同通信杯組」に勝率5.6%の壁

◆【人気傾向】1人気が勝ち切れない3歳重賞 今年も伏兵馬が権利獲りなるか

阪神大賞典2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“30倍”以上の伏兵 「復調気配で押さえ必須」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝“8人気”前後の盲点 「陣営に勝負気配が漂う」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝“下位人気”の爆穴 「秘めたポテンシャルは高い」

▼過去10年データ傾向
◆【血統傾向】レース相性抜群の父の血を受け継ぐ単回収値「215」の有力馬

◆【枠順・騎手】過去10年データを可視化したグラフから読み取る狙うべき馬とは

◆【前走ローテ】過去10年を動く図から読み取る狙うべき馬とは

◆【人気傾向】過去10年をグラフから読み取る狙うべき馬とは

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします