【WTA】東京五輪金メダリストをゲーム・マネジメントで上回ってみせた大坂なおみ、決勝進出は復活の序章となるのか

マイアミ・オープン決勝進出を決めた大坂なおみ(C)Getty Images

マイアミ・オープン(WTA1000)の準決勝、大坂なおみが東京五輪金メダリストのベリンダ・ベンチッチ(スイス)を4-6、6-3、6-4で破り、決勝進出を果たした。

1997年生まれの2人がハードロック・スタジアムでドラマチックな試合を魅せた。

今季はシーズン序盤にコロナに感染したことから結果が思わしくなかったベンチッチと、全豪後にランキングが急降下し再起をかけ出発した大坂の対決では、共にツアー生活のアップダウンを経験してきているキャリアから、上昇気流に乗った際にどこまで好調の機会を掴み取るか……、この一戦が今後の歩みに変化を与えると知っているかのような緊迫感が張りつめていた。何よりも対照的ともいえる2人のプレーが、このタイミングでWTA1000レベルの決勝の座を競い合うことは一つの分岐点に思われた。

【実際の映像】大坂なおみ、好調の要因は相手が反応できないこの“絶品サービス” ベンチッチ戦で炸裂した全18本のサービスエースを動画で一挙振り返り

■大坂の好調を支えるサービスと「3本目の攻撃」

過去の対戦はベンチッチが3勝1敗。大坂が唯一勝ち取った試合は2013年、ITF下部ツアーでの対戦のことだ。その後の3戦は2019年にツアーレベルでベンチッチの知略的なテニスが大坂のパワーを封じ込めてきた。

ベンチッチのその自信がスタートダッシュを後押しする。ボールの跳ね際を捉え、大坂のパワーを利用しては、正確なショットをオープンコートに打ち込み続けた。考える隙も与えないほど時間を奪い、バランスを崩したと見るとスイングボレーで鮮やかにエースを決める。そのベンチッチの攻撃の速さに、少し考えるしぐさを見せた大坂だったが、第1セットを落としたという大きな落胆やイラつきは見えなかった。それよりも、やるべきことがはっきりと見え、より集中力を高めているようにさえ感じた。

今週の大坂は、とにかくサービスの調子がいい。その後の「3本目の攻撃」も高い精度を発揮しゲームメークを支えている。サービスが柱となり精神的な余裕が生まれることで、リターンゲームであらゆることを試すことができ、ゲームの好機を見定められているように見受けていた。

その手応えを後ろ盾に、このゲームの大坂のファーストステップはベンチッチのテンポの速さにフィジカルでついていくことだったように思う。時間を奪うことで、焦りや迷いを生みミスショットを増やしたい、早めにポイントを終わらせたいベンチッチにとって、自身のペースについてこられることこそ嫌なものはなかったはずだ。

それを見越していたかのように、大坂は時間が経過する度にベンチッチの打つコースを把握し、彼女の攻撃を逆手に取っていった。高速テンポのラリー戦では一瞬の間を見つけエースを叩き込む。セオリー通りにオープンコートへボールを散らしたかと思えば、時には打点をわざと遅らせ相手の逆を突いた。その冷静なしぶとさと精度の高いプレースメントは、ベンチッチの自信を少しずつ削り落とし、パワーだけに頼らない大坂に対し、ベンチッチは手詰まりを感じ始めた。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします