【MLB】大谷翔平、「1番DH」でスタメン 初対戦右腕から待望の今季1号なるか

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は11日(日本時間12日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われるマイアミ・マーリンズ戦に「1番DH」でスタメン出場する。

大谷は、前日に行われたヒューストン・アストロズ戦で自己最速となる打球速度119.1マイル(約192キロ)の二塁打を放つなど4打数1安打で打率.118としたものの、待望の今季1号アーチはお預けとなった。

◆【試合速報/動画あり】大谷翔平、2試合連続安打と今季初盗塁をマーク チーム2勝目に貢献

■昨季は右投手から28本塁打をマーク

相手先発のエリーザ・ヘルナンデスは、昨季11試合に登板し1勝3敗、防御率4.18。大谷はヘルナンデスとは初対戦となる。

大谷は今シーズン柵越えを思わせた大飛球こそあるものの、いまだ本塁打はなし。しかし、大谷にとってポジティブなデータもある。昨季のヘルナンデスは被本塁打13本のうち11本を左打者から打たれ、対する大谷は昨季、右投手から第1号を含む28本塁打を記録した。データを眺める限りは本塁打の可能性も高く、本拠地のファンを沸かせる一発に期待したい。

試合情報

エンゼルス-マーリンズ
試合開始:日本時間4月12日(火)10:38
中継情報:AbemaTV、NHK BS1/サブch102

◆“The Monster of the Reiwa”完全試合の佐々木朗希に米メディア注目「オオタニ以来の若手スター」

◆“オオタニ超え”日本人メジャーリーガー「今季1号」一番乗りは鈴木誠也、得点圏打率は驚異の.667

◆大谷翔平、開幕戦“奪三振SHO”で本拠地ファン喝采 5回途中9奪三振1失点、直球は最速161キロ

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします