【MLB】大谷翔平、「1番・投手」で今季2度目の“リアル二刀流”出場 初勝利と第1号なるか

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は14日(日本時間15日)、敵地グローブライフ・フィールドで行われるテキサス・レンジャーズ戦に「1番・投手」でスタメン出場する。

大谷は12日(同13日)のマイアミ・マーリンズ戦で3試合連続ヒットとなる右前打を記録するなど、4打数1安打で打率.160。チームは4-3でサヨナラ勝ちし、3勝3敗の勝率5割とした。

◆「オオタニはスランプ」変化球攻めに苦しむ大谷翔平に米記者指摘も、マドン監督は「心配ない」

■昨シーズンは投打に活躍で初勝利

今季2度目の先発マウンドに上がる大谷は昨季、レンジャーズ戦に4試合登板し、3勝0敗で防御率2.86の好成績を残している。大谷の昨シーズン初勝利は今回と同じく敵地・レンジャーズ戦で挙げたもので、打っても2安打2打点の活躍を見せた。

相手先発のデーン・ダニングは昨季27試合に登板し、5勝10敗で防御率4.51、大谷とダニングの対戦成績は8打数1安打と大谷が抑え込まれている。

現在、開幕から6試合25打席でホームランなしの大谷だが、過去最も遅いシーズン1号は2019年の26打席目。26打席目を迎える今カードで、待望の一発に期待したい。

試合情報

レンジャーズ-エンゼルス
試合開始:日本時間4月15日(金)09:05
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

◆大谷翔平、開幕戦“奪三振SHO”で本拠地ファン喝采……自慢のトラウタニ打線も援護なく初黒星

◆大谷翔平、トラウトだけじゃない マドン監督も称賛するエンゼルスの“若き才能”が戦力を底上げ

◆鈴木誠也の2発に米メディアも“手のひら返し”「獲得は失敗」→「チームの攻撃を一身に背負う」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします