【MLB】大谷翔平、前回3三振の“サイ・ヤング左腕”からリベンジの27号なるか 「2番DH」でスタメン

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は16日(日本時間17日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われるシアトル・マリナーズ戦に「2番DH」で先発出場する。

大谷は前日の同戦に今季20度目の「リアル二刀流」登板を果たし、6回を8奪三振、被安打7、2失点と粘りの投球、打っては8回の第4打席に3試合連続ヒットとなる内野安打を放ち、4打数1安打の活躍。

しかし、大谷に勝ち星はつかず11勝目はお預けとなり、エンゼルスも最終回にミスから失点を重ね、2-6で敗れている。

◆【プレーバック】前日の大谷翔平、伝家の宝刀! 地面スレスレに沈む91マイルの高速スプリットで奪三振

■昨季ア・リーグ二冠に輝いた難敵

相手先発のロビー・レイはトロント・ブルージェイズに所属した昨年、ア・リーグの最多奪三振と最優秀防御率の二冠を獲得し、サイ・ヤング賞にも輝いた左腕。今季はここまで23試合に登板して8勝8敗、防御率3.90。前回登板となった10日(同11日)のニューヨーク・ヤンキース戦では、6回1/3を投げ7奪三振2失点で勝ち負けはつかなかった。

大谷は5日(同6日)のマリナーズ戦でレイと初めて顔を合わせ、3打席連続で空振り三振と完敗。この日は延長でも三振を喫しており、1試合4三振と自己ワーストタイを記録した。チームとしても苦戦が予想される強敵に対して、前回対戦のリベンジを果たし、チームを波に乗せる一打を放てるか。試合の行方を左右するといっても過言ではない。

投打にわたりエンゼルスを引っ張り、数々の数字を塗り替え続ける大谷。メジャーを代表する左腕から会心の27号を放ち、チームを勝利に導けるのか。

■今日のエンゼルス・ラインナップ

1番 SS フレッチャー
2番 DH 大谷 
3番 2B レンヒーフォ 
4番 RF ウォード 
5番 C スタッシ 
6番 1B ウォルシュ     
7番 CF シエラ    
8番 3B ゴセリン 
9番 LF ダガー
SP  スアレス

◆大谷翔平、「ノーラン・ライアンの領域に迫る」とMLB公式も称賛 11勝目逃すも新球ツーシーム披露で話題騒然

◆【WBC】ダルビッシュ有、大谷翔平は出場か、「一緒にがんばる」「すごく魅力的」と侍ジャパン栗山英樹監督の印象を語る

◆「大谷翔平は今季15勝」とベーブ・ルースの孫が予言 “リアル二刀流”は「オオタニが初めて」と絶賛

試合情報

エンゼルス-マリナーズ
8月17日(水)10:38(日本時間)試合開始
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします