【プロ野球】見たかった初対決! 完全試合男・佐々木朗希 vs. ノーヒッター山本由伸の投げあい

(C)Getty Images

3カード連続の勝ち越しで3位に浮上したオリックス・バファローズと8月3勝8敗で5位に順位を下げた千葉ロッテ・マリーンズとの神戸での2連戦。ローテ通りならば、17日の第2戦で「ヨシヨブvs. ロウキ」の初対決の実現するはずだった。

◆鈴木誠也や千賀滉大だけじゃない 米専門サイトが将来のMLB挑戦を期待する5選手

■無双右腕同士の対決はいつ

オリックスの山本由伸は、今季19試合に先発して10勝5敗、防御率1.70。昨季の沢村賞右腕は今季も抜群の安定感でマウンドに立ち続け、6月18日の西武戦ではノーヒットノーランを達成。7月の2試合で失点が目立ったが、後半戦は3試合で1勝無敗、計22イニングを投げて1失点のみ。8月17日は自身の24度目の誕生日。今季対戦4戦4勝で防御率0.87とほぼ完璧に抑え込んでいるロッテ戦で、バースデー勝利が期待された。

一方、ロッテの20歳、佐々木朗希は、今季15試合に先発して6勝3敗、防御率1.96。今季のオリックス戦は、4月10日の完全試合を含めて3試合で3勝負けなし、防御率1.29に抑え込んでいる。オールスター明けの後半戦は2試合に登板して5回1/3を5失点、6回を3失点(自責2)で今季初の連敗を喫した。単調になったところを打たれたが、その修正を誓って今回のマウンドに臨む。

令和の時代に誕生した日本球界が誇る豪球右腕同士。普段はお互いをニックネームで呼び合うほど気心が知れた2人の投げ合いが実現すれば、初めてのこと。

山本由伸 vs. 佐々木朗希」。この対決には多くのロマンが詰まっているが、しかし、残念ながらオリックスの今日の先発は、田嶋大樹。プロ野球ファンの楽しみは、ひと足先へと延ばされた形となった。「無双右腕対決」は、いつ実現するのか、心待ちにしたい。

◆佐々木朗希、人類史上初、幻の2試合連続完全試合 52打者連続アウトの世界記録は更新中

◆“怪物対決“はロッテ佐々木朗希が完封中 柳田悠岐の逆襲なるか

◆左の強打者対決 日本を代表するオリックス吉田正尚に進境著しい日ハム清宮幸太郎が挑む

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします